ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 今、なぜ子どもにプログラミングを学ばせるべきなのか

今、なぜ子どもにプログラミングを学ばせるべきなのか



今、なぜ子供にプログラミングを学ばせるべきなのか

最近、耳にすることが増えたプログラミングということば。
中には、2020年から小学校でもプログラミングが必修化されることをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
でも、どうして子どものころからプログラミングを習わせる必要があるのでしょうか?
今回は、そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

プログラミング教育の重要性を知るためには、まず現在の世界の情勢と最新技術の関連を知る必要があります。
まずはそこから見ていきましょう!


※※※…こちらもオススメ!…※※※




市川市のロボット・プログラミング教室5選

市川市のロボット教室の特徴などをまとめました。
ご興味ある方はぜひまとめ記事をご参照ください。









現在の世界情勢とIT技術





ここでは、世界情勢とIT技術について説明します。 まず、ITとはInformation Technologyの略称で、日本語で直訳すると「情報技術」と呼ばれます。
では、「情報技術」とはなんのことでしょうか。
それは読んで字のごとく、情報に関わるあらゆる技術のことです。
最近のものでいうと、インターネット、パソコン、スマートフォンなどがそれに当たります。

さて突然ですが、現代の社会の特徴はどんなものがあるでしょうか?
諸説ありますが、「IT化」と「グローバル化」がその代表格と言うことで大方の意見は一致するでしょう。

IT化、と言われてもピンとこないという方のために、一つ例を見てみましょう。
たとえば、先に挙げたインターネット、パソコン、スマートフォンなどを考えてみてください。
それぞれ大変便利な代物で、それぞれ関連し合っている技術です。これらはまさに、IT技術の結晶と言える存在です。
今では持っていることが当たり前になっていますが、ひと昔前までは利用者の方が少なかったですよね。
このように、身近に存在することが当然になりすぎて少し気づきにくいですが、我々の生活は確実にIT化していっているのです。

あらゆるものがインターネットに接続される世界が到来すると予言されています。



また、そのIT技術の発展に伴い、様々な情報が凄まじい速さで世界中に拡散されるようになりました。
我々はその恩恵を受け、SNSなどで世界中の人と簡単に繋がることが可能となっています。
このようにインターネットの技術は確実に世界の距離を縮め、そのグローバル化に拍車をかけているのです。

現代の世界の情勢とは、上記で見てきたように、グローバル化を筆頭にして激動の時代と言って過言ではないでしょう。
そのような激しい変化を巻き起こしている原因が、他ならぬ情報技術の目覚ましい進歩です。
つまり、情報技術が現代社会を突き動かしていると言ってしまっても大げさな表現ではないでしょう。

さて、ここまで情報技術の進歩とその重要性について述べてきました。
次は、少し視点を変えて、ITの仕組みについて深掘りしてみましょう。
ITとは、情報技術全般のことを指しますが、その代表格は上にも述べた通り、パソコンやスマートフォンです。
ではそのパソコンやスマートフォンがどういう仕組みで動いているのか、といいますと、それは全てプログラミングで成り立っているのです。
つまり、現在世界を動かしているITを動かしているものがプログラミングである、ということが言えます。
ちょっと乱暴にまとめてしまうと、ITを作っているのはプログラミングということになります。

ここまでの説明をお読みいただければ、プログラミングがいかに重要な存在であるかお分りいただけたと思います。
現在、世界各国では、自国のプログラミング技術を含む、いわゆるSTEM教育と呼ばれる4つの分野(科学、技術、工学、数学)を伸ばすための教育が非常に盛んになってきています。
その4分野のひとつが他ならぬプログラミングなのです。

では、次は世界のプログラミング教育事情について詳しく見ていきましょう



世界のプログラミング教育





世界の先進国では現在、幼少期からパソコンやプログラミングに触れさせる教育が推奨され、実際に多くの国で小学校からのプログラミング教育の必修化が導入されています。
たとえばイングランドやハンガリー、ロシアはかなり先進的にプログラミング教育に取り組んでおり、現在では既に小学校から義務教育化されています。
他にも、アメリカではフェイスブックCEOのマークザッカーバーク氏やMicroSoftのCEOのビル・ゲイツ氏が中心となり、全てのアメリカの学校にプログラミングの授業を導入しようという運動を行なっています。
また、あまり知られていないところですと、イスラエルはプログラミング教育が非常に盛んです。
なんとNASDAQ市場への上場が、米国に次いで2位ということからもそのすごさがわかります。
人口たった800万人ほど、国土は日本でいうと四国くらいの大きさしかありませんが、現在世界各国がイスラエルの情報技術をこぞって購入するという状況になっています。
IT系のベンチャー企業が多くの成功を収め、莫大な利益を得ているのです。


IT企業の利益率は破壊的です


このように、ITを利用した企業や商売は情報をその主な商材として扱うので、国土や国力に乏しい国であっても莫大な富を生む可能性を秘めています。
情報化社会においては、その技術力の影響は小さいものとは言えません。
世界各国が競い合うようにプログラミング教育に注力していっています。

そしていよいよ日本でも、2020年から小学校においてプログラミング教育が必修化されます。
世界情勢からすると少し出遅れている感が否めませんが、その分まだ採用している国の少ない小学校からの必修化というところで追いつこうと試みているといったところでしょうか。
ここまでが、世界のプログラミング教育の状況です。

プログラミング教育が、世界各国から重要視されていきているという状況はご理解いただけたと思います。
しかし、なぜプログラミングを「今」子どもたちに学ばせるべきなのか、という問いについては、もう少し理由があります。
その理由を紐解くために、まずは従来の教育と重視されていた能力を詳しく見てみたいと思います。



従来の教育と重要だった能力





今までの日本の教育は、教師が一方的に生徒に知識を提供する、いわゆる詰め込み型の教育でした。
ペーパーテストの結果を重視する評価方法も特徴的です。
その結果、数式や歴史の本質を理解していなくても、テストに出てくる問題の対策だけをしていれば高得点を得られる、というような状況も多くみられます。
このような教育は与えられた命令に忠実に実行することを可能とし、知識の収集とそれをそのままアウトプットすることについてはよく訓練されます。
しかし、ゼロから何かを作ったり、すでに存在するもの同士を編集し掛け合わせて独創的なものは生み出す、というようなスキルはなかなか鍛えられません。
そのため、知識は増えるのですが、その活かし方については未成熟なままであることが多いと言われます。
その情報を活かす訓練と能力が足りないという点の指摘も多いのが現状です。


従来の教育では、このような講義型の指導による知識のインプットと、それをいかに素早く正確にアウトプットできるかということに重点が置かれていました。
というのも、日本の20世紀という時代を振り返ったとき、それは「模倣」という言葉で特徴づけられ、その特徴を色濃く反映した教育と言えるでしょう。
ではなぜこのような「正確に暗記し、正確に書き出す」という教育や能力が重んじられていたのでしょうか?

その理由は当時の日本の時代背景にあります。
戦後、後進国として国際社会デビューを果たした日本はに、追いつくべき目標が明確でした。
先進国という明白な目標を猛烈な勢いで追いかけ、その技術や製品の研究し、模倣し、高品質化して再リリースする。
それが日本の強みであり、勤勉な国民性とあいまって凄まじい勢いで発展を遂げていきました。
これがいわゆる高度経済成長と呼ばれる現象です。
つまり、その当時の日本では目標となる非常にわかりやすい先進国というモデルケースが存在し、その模倣をし、より良い商品とすることが国力増強、ひいては全国民の幸福に繋がるという図式が確かに存在したのです。
そのためには、できるだけ速く正確に情報を収集し記憶し、それを再現できる能力が重要だったのです。
良い商品、良い状態というのがとてもわかりやすく、それを作成するための手法が明確な時代だったと言えます。

そんな訳で日本では(おおよそ世界では)型通りの知識を詰め込み、それを正確に書き出すという能力と教育が重視されていたのです。
しかし、現在、見事に発展を遂げもはや立派に先進国の仲間入りを果たした日本には、目指すべき明確なモデルケースは存在しません。
なおかつ、先に述べたように現代は非常に変化の激しい時代であり、昨日まで正解だと思っていたことが今日ではもう時代遅れの手法となってしまうケースも多々あります。
模倣だけしていては、変化に対応することが不可能に近い状況となってしまったのです。
ではそんな時代に対応し、変化する状況に適応していくためには何が必要なのでしょうか?
そこで必要と言われている能力が、いわゆる「21世紀型能力」となります。



新しい時代に重要とされる能力





一般的に言われている21世紀型スキルとは、国際団体のATC21sによって定義されている「デジタル社会の中で21世紀以降に必要とされる10項目のスキル」の総称です。
その中で、特に重要と思われる3項目を紹介します。

・批判的思考力、問題解決能力、意思決定能力
批判的思考力とは、決して物事の粗探しをすることではなく客観的に観察して分析、判断を織り込んだ思考法です。批判的思考力によって、問題や欠陥を発見することが可能になります。問題解決能力とは、問題を発見し、解決に努める能力です。単純に聞こえますが、自ら問題提示し、解決策を提案することは与えられた問題を解くことが中心だった20世紀型スキルでは難しいことです。問題解決能力によって問題解決に必要な選択肢を見つけ出すことが可能になります。意思決定能力とは、数ある選択肢の中からもっとも効率的であるものを選び出せる能力です。批判的思考力、問題解決能力によって見つけ出された選択肢の中から一つを選び出すことが意思決定能力で可能になるのです。

・創造力とイノベーション
与えられた命令を完璧にこなす単純作業はコンピューターがこなすようになる中で、人間の強みはコンピューターにできない複雑な作業です。創造力を駆使して、独創的なものを作ることは人間にしか出来ません。イノベーションとは決して発明という意味合いだけではなく新しい考え方、新しい切り口、など大まかに新しいものを指しています。そうして生まれたものは全てイノベーションなのです。イノベーションを起こせるということはコンピューターにはできない仕事ができるということです。

・メタ認知能力
メタ認知能力とは、自身の思考自体を客観的に認知できる能力です。例えば、自分が何を理解していて、何を理解できていないのか、ということを整理できること能力です。自分の能力の限界を知ることは、自分のスキルアップに直接繋がります。なぜなら、自分に何が足りていないのかを理解して補う努力ができるからです。さらに、自身を客観的に確認できる人間は何事も客観的に認識して論理的に思考することが可能です。
これらのようなスキルを総合して21世紀型スキルと呼ばれています。 これからの時代では、単純に高いIQを持ち、言われたことを正確にこなす処理速度の速い人材よりもむしろ、このような独創性に富んだ21世紀型スキルを持つ人材が求められていきます。

21世紀型スキルについては、別の記事で詳細に書いてあります。
もっと知りたい!気になる!という方は以下のリンクからご覧ください。


<21世紀型スキル詳細>



従来の教育と21世紀型スキル





さて、これまで世界の情勢とIT化、プログラミング教育について詳しく見て来ました。
このような世界の動向から見えてくるものは、各国の企業などが求める人材像の変化です。
これまでの社会で必要とされてきた人材とは、言われたことを完璧にできる、知識力のある人間です。
正確に知識をインプットしそれを素早くアウトプットし、先生や先輩や上司に言われたことが素早く正確にこなせるようになる、というのがこれまでの時代で必要とされてきた能力であり、従来の日本の教育で重視されてきたことでした。
しかし、IT技術やAIが進化していき、このような指示に従ってインプットをし、正確にアウトプットをするというスキルは、ロボットやコンピュータにとって代わられる時代がやってきました。


このようなコンピュータやロボットがこのようなスキルを持った人材を代替していく時代のなかで、これからの時代で求められる能力はどんなものなのでしょうか?
それは、現在いわゆる「21世紀型スキル」と呼称されている能力です。
教師が黒板の前に立ち、生徒たちは椅子に座りただひたすらに知識を頭の中に詰め込んでいくというスタイルだけでは、これからの社会を生き抜くスキルを伸ばすことは困難でしょう。

もちろん知識力というものは一つの要素として大事ですが、それと同等以上に大事になってくるものは、想像力や問題解決能力などのスキルです。
そして21世紀型スキルとプログラミングはそれらに大きく関係しています。



プログラミングと21世紀型スキル





プログラミング教育によって鍛えられる能力は、21世紀型スキルを網羅していると言っても過言ではありません。
たとえば、プログラミング教育でよく使われる言葉の中に「トライ&エラー」があります。
これは、試行錯誤を繰り返しながら何度も挑戦し続けるということを意味します。
なんども挑戦し、失敗しながらそれから学び、クリアできるまでの過程を繰り返します。
つまりは、答えを教えられるのではなく、自分で見つけ出していくというわけです。
なぜうまくいかないのか、観察し、分析し、仮説を立て、実行し、さらにそこからまた教訓を得る。

プログラミングの過程では、このようなサイクルを何度も繰り返すことになります。
そしてこのような思考の一連の流れこそが、自分自身で考える力へと繋がっていくのです。
自分自身で考える力というのは上で述べた批判的思考力、問題解決能力、意思決定能力、創造力、メタ認知能力に加えて多くの能力を含んでいます。
これらの能力だけでなく、単純なプログラミングスキルも鍛えられ、それによってまた「考える力」が鍛えられるという良循環が生まれます。
このようにプログラミングと21世紀型スキルには深いつながりがあります。
プログラミング教育は、これからの時代に必要な能力を効率的に鍛えることができるのです。



なぜ21世紀型スキルが求められるのか?





先に述べた通り、人間が単純で事務的な作業をする時代は、もう終わりに向かっていると言えます。
ただ、コンピュータやロボットは、単純な仕事であれば人間以上の正確さとスピードでそれを忠実に実行しますが、命令されていないことを実施したり、複雑な要素を判断するようなことは非常に苦手です。
そこで、依然としてコンピュータやロボットに命令を与えることが必要となります。
言うまでもなく、その命令を行えるのは人間しかいませんね。
そして、コンピュータやロボットに命令を与えるためにはプログラミングが必要となります。
単純な作業などの仕事はロボットやコンピュータが代替していく時代が近づきつつありますが、そのような時代が到来しても、ロボットやコンピュータにプログラミングにより命令を与える仕事というのは、ほとんど確実に存続するのです。
そう行った意味でも、やはりプログラミングのスキルは重要となってきます。
また、21世紀では、新しい価値を創造する力も求められてきています。
Apple社が開発したiPhoneや、フェイスブックなどのSNS、グーグル社など、その独創的なアイデアを形にすることにより実際に世界の仕組みすら変えてしまうようなイノベーションが現実として起こっています。
そして、これらのイノベーションは何を隠そう、プログラミングをはじめとしたITのスキルによるところが非常に大きいのです。
これからの時代は、知識が豊富で忠実に、素早く決められた作業をこなせるというような能力よりも、教科書に書いていないようなアイデアやスキルを持っている・生み出せる能力が重宝される可能性が高まっていくと言われています。



まとめ

以上、なぜ「今」子どもたちにプログラミングを学ばせるべきか?その理由を説明してきました。
簡単にまとめると、新技術の発展により、世界の変化のスピードが劇的に変化し、その変化をもたらしている技術こそがプログラミングに代表されるITスキルです。
ITスキルをはじめとして、新時代で必要とされる能力が21世紀型スキルと呼ばれるもので、その習得にはプログラミング教育が非常に有効なのです。
これから先、2020年の教育改革を皮切りにプログラミングの重要性はどんどん高まっていきます。
時代の流れを考えると、プログラミングスキルは身につけるまでいかずとも、触れておくに越したことはないスキルと言えるでしょう。
もう少し詳しく話を聞きたいという方は、無料相談・体験を受けつけております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。



ロボット・プログラミング教室紹介まとめ記事リンク

各エリアのロボット・プログラミング教室をまとめました。
近年、急激に数を増しているロボット・プログラミング教室ですので、全てを

【市川市のロボット・プログラミング教室まとめ5選】


市川市のロボット・プログラミング教室5選


【船橋市のロボット・プログラミング教室まとめ5選】


船橋市のロボット・プログラミング教室5選


市川市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

市川市のロボットプログラミング教室5選
TENTO市川
STAR programing SCHOOL イオン市川妙典教室
ヒューマンアカデミーロボット教室 市川真間
ロボットアカデミー市川教室
CoderDojo市川
アーテックエジソンアカデミー・ロボットプログラミング教室 スタディPCネット市川市役所前

船橋市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

船橋市のロボット・プログラミング教室5選
もののしくみ研究室 二和向台教室
ヴェリタスロボットスクール 千歳船橋校
Kicks 西船橋校
ロボット科学教育 Crefus 津田沼校
KU-MAプログラミングスクール
プロテック倶楽部
ダヴィンチ・ラボ 船橋校
トライ式プログラミング教室 西船橋校
ヒューマンアカデミーロボット教室
ワイワイキッズスクール 西船橋校

東京都のロボット・プログラミング教室紹介リンク

LITALICOワンダー 秋葉原教室