ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 子どものやる気が出なくて困っている…そんなお悩みに!コーチングという手法を試してみませんか?

子どものやる気が出なくて困っている…そんなお悩みに!コーチングという手法を試してみませんか?


kimino☆schoolでの指導方法の大きな特徴は、コーチングの手法を取り入れていることです。

今回の記事で、コーチングとはどのようなものかを簡単にお伝えしたうえで、コーチングをうまく実践するためにはどのようなスキルがあるか、当校でコーチング手法を用いてどのように授業を行っているか、という点についてわかりやすくお伝えしたいと思います。

コーチングによって、従来の授業方法で成績が伸びにくかった生徒が成績向上のきっかけをつかんだり、目標を持ちにくかった生徒が目標を明確にしたりできるようになることを目指しています。そして、思考力というスキルを習得できることを目標としています。



1、コーチングってなに?

「コーチング」は、ビジネスの場面などでよく利用されますが、一般の方々にはなじみの少ない言葉だと思います。 コーチングがどのようなものかについて、解説します。



1-1 コーチングってどんなもの?


コーチングとは、「対話を重ねることを通して、生徒が目標達成に必要なスキル、知識、考え方を備え、行動することを支援するプロセス」です。

コーチングの一番の特徴は、授業や学習の際に、先生が生徒に対して基本的に「教える」ことはしない、ということです。イメージとしては、「教える」ではなく「育む」がコーチングのスタンスに最も近いといえます。具体的に言えば、先生が生徒に対して答えを指し示すのではなく、生徒自身の内面からアイデアや行動を引き出して、生徒自身が納得できる解答にたどり着けるように導く手法です。コーチングの手法を用いることで、生徒は自らの内面と向き合って、最適な答えを探し出そうとするので、例えば複数の答えが存在する問題や生徒自身の学習法などの答えの決まっていない問題に対して取り組むことに適しています。また、コーチングによる指導を繰り返すことで、生徒自身の課題発見能力が養われるので、学習の際に初めて見る問題や応用問題を解く際に、元々持っている知識を駆使して解答を導き出そうとする力につながり、学力の向上が期待されます。



1-2 ティーチングは?


コーチングとよく対比される学習指導方法は、「ティーチング」といわれる手法です。
ティーチングは、「知っている人が知らない人に教える」ことで、学校や学習塾でこれまで行われてきた授業の多くがティーチングによるものです。

これまでの日本では、「知識を教える」ということが重視されてきましたので、保護者の方々にとってもとてもなじみ深いのではないでしょうか。



1-3 コーチングとティーチングを比べると・・・

教育現場でのコーチングとティーチングを対比すると、コーチングがどのようなものかわかりやすいと思います。
両者を比べた場合のそれぞれの特徴をまとめると、以下のようになります。

ティーチング コーチング
知識を教える 一緒にやれることを考える
関係は上下 関係は横並び
知識・結論重視 知恵・過程重視
答えがある 答えがないこともある
ないものを与える 生徒の中にあるものを引き出す


この対比によって当校はティーチングを否定しているわけではありません。むしろ、コーチング同様、ティーチングも学習指導には欠かせないものであり、ティーチングとコーチングを必要に応じて使い分けていくことが生徒の学力を向上させるうえでは効果的です。

ティーチングによる指導の方が適しているケースの典型的な例は、初めて学習する単元や公式を学ぶ際などです。
コーチングによって自主的・能動的に生徒自身の中から答えを出すといっても、最低限の知識がなければ絞り出しようもありませんし、間違った知識を身に付けてしまう危険性もあります。

一方のコーチングは生徒の内面から自発的なモチベーションや課題発見能力を引き出すことに長けている手法ですので、これまでの学習方法で成果が上がりにくかった生徒や目標を見出しにくかった生徒の大きな助けになるのではないかと、私たちは期待しています。

コーチングにより学習の効果が上がった具体例には、以下のようなケースがあります。
  • もともと「やらされている」という意識が強くて積極的に取り組むことができなかった宿題を、自分で目標を設定しやらなければならない課題を把握することにより家庭で日々どれだけ勉強しなければならないかを意識できるようになった
  • 教科書には掲載されていない条件を設定することによって自由な発想で科学実験をし、新たな知識を体得できた


こうしてコーチングによって得られた知識や課題発見のスキルは、一時的な知識の習得にとどまらず、学習方法やものの考え方、課題への取り組み方にかかわってくるので、中期的・長期的に見た場合、他の指導法では得られない高い効果を発揮します。

また、社会全体としてもこれからの時代には与えられた課題をこなす人よりも、自ら課題を発見して取り組むことのできる人が重宝されるといわれています。IT化やグローバル化によって、重要なスキルが知識の習得から知識の使い方や問題の発見の仕方にシフトしていくことが予想されているからです。コーチングによって課題発見や能動的に思考することを習慣化することによって、自発的な課題発見能力と解決力を養っていくことにもつながります。また、コーチングは対話を繰り返す指導法なので、問題発生時のチームワークや他者との協力方法についても身に着けることができます。

以上のように、ティーチングとコーチングのメリット・デメリットを把握したうえで、必要に応じて使い分けていくことで、生徒の学力を最大限に伸ばすとともに、将来的な学習のモチベーションや社会に出た時に必要とされる能力まで身に着けていくことが理想的だと当校では考えています。



2、コーチングの3大スキルとは?


学習塾で先生と生徒が横並びの位置関係になって学習を進める、ということについてあまりピンとこない方も多いことでしょう。
当然のことですが、先生と生徒がただ仲の良い友達のような関係になるという意味ではありません。
対等に近い関係を築くことはコーチングにおいてはとても重要なことなのですが、単に「仲が良い」だけでは効果的なコーチング指導が行えません。先生と生徒は、目的を一緒に見つけ、そこまでの道のりを共に歩むパートナーであることが理想的です。

コーチングはプロセスであり、手段なので、これという決まった形があるわけではありません。むしろ個別の対話を繰り返して、生徒の性格や課題を先生が把握し、それぞれの生徒に適した方法を先生と生徒が協力して一緒に探し出すことが理想的なコーチング指導です。しかし決まった形がないとはいえ、コーチングの指導法が全くバラバラというわけではありません。テクニックというよりは考え方や生徒との接し方といったニュアンスに近いものですが、コーチングを行ううえでの「三大スキル」と呼ばれているテクニックも存在します。以下、コーチングの3大スキルについて紹介します。



2-1 コーチングスキルその1~傾聴~


傾聴とは、相手の話や態度に目と耳、心を傾け、聞く姿勢を取ることです。
単に、聞く姿勢を取るだけではなく、心まで傾けることが、コーチングにおける傾聴の、単なる「聞く」とは異なる部分です。

傾聴の態度を取ることで、生徒との間に信頼関係が芽生え、生徒は自身の内面を話せるようになります。
では、心をも傾けるためには具体的には先生はどのように生徒の話を聞くのでしょうか?具体的なテクニックをいくつか紹介します。

  • 先生が生徒と対面して座ると生徒が委縮してしまうので、それを避けるために生徒の横に並んで座ります。こうしてパートナーが話すことへの心理的なハードルを下げることも一つの傾聴手法です。
  • 生徒の発言に対して、生徒の発言のペースやしぐさにあわせて適切なタイミングであいずちやうなずきをします。適切なあいづちやうなずきは、生徒に対して「あなたの話を聞いていますよ」という明確な意思表示となり、信頼感や安心感につながります。
  • コーチングに限らずコミュニケーションの基本となる部分ですが、相手の目を見て話を聞くことで、生徒は自分の話がきちんと先生に伝わっていることを認識します。



2-2 コーチングスキルその2~質問~


コーチングの「質問」とは、質問者(先生)が手に入れたい情報を引き出すのではなく、生徒自身に自問自答を促すために用います。質問によって、生徒が自分の考えを整理して、具体化したり新たな視点を持てたりするようにすることが目的です。
質問を用いる際にはいくつも質問を重ねることで、生徒自身の考えを少しずつ、生徒が内容を自覚しながら掘り下げていくことを目的とします。ですので、いくつかの質問をセットで利用すると、効果的なコミュニケーションを図ることができます。

具体的には、適切な質問とは次のようなものです。
  • 理想の状態を100点だとしたら、今のあなたは何点ですか?
  • →理想と自身の現在位置を知り、何がどのくらい足りていないのかを改めて考えるきっかけになります。また、そのマイナスを埋めるためにどのような行動が必要かということについても考えるきっかけになります。
  • 100点を取ることは、あなたにとってどんな意味を持ちますか?
  • →100点を取るべき理由がなければ、モチベーションを高めたり維持したりすることはできません。生徒自身が、なぜ理想の状態を目指すのかを意識することによって、自発的・能動的に頑張ろうという気持ちが生まれます。。
  • 100点の状態に持っていくために、まずするべきことは何だと思いますか?
  • →いくつか課題があることが分かったところで、どのような手順で物事を進めていくかを冷静に考えるのは簡単なことではありません。質問によって、客観的に現在位置を把握し、優先順位をつけられるように促します。



    2-3 コーチングスキルその3~承認~


    承認というのは、相手の存在を認めることです。褒めることに似ていますが、むやみに褒めればよいというものではありません。結果ではなく、その過程に対しても、心から自分の言葉で褒めたり認めたりすることによって、効果が得られます。「傾聴」も相手の存在を認めるという点では、承認の一種といえる場合があります。承認は言語によるメッセージによって伝えますが、同時に話し方や話を聞くときの姿勢・態度など声に出ない部分についても承認の姿勢を取ることで、より承認の意向を強く示します。

    • YOUメッセージ
    • 「あなたは〇〇だ」という評価です。ただし、褒めているつもりでも、生徒からお世辞と受け取られてしまったり素直にメッセージを受け取ってもらえなかったりするときには高い効果はありません。
    • Iメッセージ
    • 「私は〇〇だと感じている」という評価を与えることです。Iメッセージは、受け取った人が否定することができず、達成感を得やすいメッセージとなります。
    • Weメッセージ
    • Iメッセージ以上に、受け手が達成感を得やすいのがWeメッセージです。「私たちは、〇〇と感じている」というメッセージを発することで、受け手は組織に認められた、貢献できた、という意識を持つことができます。



    2-4 コーチングスキルまとめ

    3大スキルの傾聴、質問、承認はそれぞれ独立したものではありません。3つを互いにリンクさせることで、さらなる相乗効果を得ることができます。例えば、質問をする際にも承認をする際にも傾聴の姿勢は必須ですし、質問の結果起こした行動によって良い結果が得られ、新たな承認につなげられるケースなどがあります。

    また、これらのスキルを行う上で欠かせないのが、常に相手がどのような生徒であるかを把握することです。現在身に付けているスキルや知識だけではなく、行動の原点や基準となっているものの考え方、価値観や性格など、相手を分析したうえでスキルを使用していくことが重要です。

    繰り返しになりますが、コーチングとはプロセスであり、一つの定まったスキル・テクニックというわけではありません。重要なことは生徒の心情に寄り添うというスタンスであり、効果的にコーチング指導を行うには状況や相手によって個別にきめ細やかな対応をしていかなければなりません。



    3、まとめ


    Kimino☆schoolの指導方針である「コーチング」について解説しました。

    コーチングは、ビジネス研修などでよく用いられている考え方ですが教育の現場で登場したのは最近のことです。コーチングを理解するためには、従来の「ティーチング」と比較するとなんとなく、コーチングがどのような指導方法なのかが見えてくるのではないかと思います。

    コーチングを適切に用いると、生徒が自ら学ぶモチベーションを育んだり、自ら課題を発見し解決のために取り組む姿勢が養われたりするといたメリットが期待できます。

    コーチングを実践するためには3大スキルをベースに生徒個々の性格や適性に応じて、やり方を調整していきます。そのために重要なポイントとなるのは、生徒一人ひとりとじっくり向き合って観察し、互いに信頼関係を得ることだと考えています。