ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 千葉県浦安・新浦安市のプログラミング・ロボット教室 もののしくみ研究室 市進学院浦安教室 編

千葉県浦安・新浦安市のプログラミング・ロボット教室 もののしくみ研究室 市進学院浦安教室 編




千葉県浦安市のプログラミング・ロボット教室(小学生・こども向け)紹介
-もののしくみ研究室 市進学院浦安教室 編-



名称

もののしくみ研究室 市進学院浦安教室
(もののしくみけんきゅうしつ いちしんがくいんうらやすきょうしつ)



理念・特色

もののしくみ研究室は、学校教材や教育玩具のメーカーである株式会社アーテックと教育大手の株式会社学研エデュケーショナルの2社がタイアップしてできた学習プログラムです。

もののしくみ研究室では、21世紀に求められる教育という観点に軸を置いて、身近にあるものを研究します。
例えば、自動ドア、信号機、踏切など、生まれたときから当たり前にあるものが、どうやって動いているんだろう?と「もののしくみ」を理解させようというのがコンセプトです。①しくみを研究し、②実際に作ってみて、③興味が深く沸く、というサイクルを通して創造力を養います。
特に、現代の子どもは既製品を使用することが多いので、自分で一から作ってみる経験が非常に重要なものとなります。

教育玩具メーカーが開発に携わっていることもあり、教材については強いこだわりがあります。
子どもたちの好奇心を損なわないよう、分かりやすく使いやすいもの、子どもが自分自身で考えられるもの、トライ&エラーしやすいものが用意されています。



市進学院の説明

こちらの浦安教室は、市進学院内でのコースという立ち位置にあります。
フランチャイズでの運営となります。

市進学院は、関東を中心に展開する個人指導学習塾です。
「めんどうみ合格主義」をモットーに、生徒一人ひとりに担当の先生がついて生徒たちの頑張りを徹底サポートする学習塾です。



教材紹介

ものの仕組み研究室では、以下の教材が使用されています。

◯テキスト
ものづくりメーカーに取材協力を、専門家に監修を依頼して作成されたテキストを使用します。
例えば、「歩行者信号機の制御」というタイトルではA4サイズ2枚に以下の情報がまとめられています。
・なぜ歩行者信号に赤と青が採用されたのか?自動車の信号機と違って黄色がないのはなぜか?といったコラム
・「歩行者用信号機はどんなシステムを使って運用されているのですか?」「最新の押しボタン付き信号機にはどのようなものがありますか?」などの信号機メーカーへのQ&A

◯ブロック
テキストを参考にしながらブロックを組み立てます。
株式会社アーテックが開発したブロックは、特定の形がなく組み合わせも自由です。接続口がたくさんあるので、モーターなど様々な部品を同時に接続することができ、複雑な動作を可能とします。

◯プログラミング
組み立てたロボットを動かすために、ブロックプログラミング環境という、言語がブロック状になったものを使用します。間違えてしまってもやり直しがしやすい直感的操作ができるソフトを使用しています。
プログラミング教室でよく使用されているScratchに株式会社アーテックが独自に改良を加えたソフトが使用されているようです。



もののしくみ研究室の学習方法

・らせん構造の学習プログラム
以前学んだことをらせん構造のように反復しながら新たに学ぶことをプラスしていきます。
反復することにより以前学んだことを忘れず、無理なく新しいことをおぼえていけます。

科学(S)、技術(T)、工学(E)、数学(M)を意識した周辺の知識についての理解を深めながら、制作する「もの」に対しての多くの知識を身に着けていきます。
制作するロボットが難しくなるにつれてプログラムの内容も難しくなりますが、トライ&エラーを繰り返して自分自身で答えを発見することによって課題解決や商品開発をする力を身に着けます。

・ダブルループ学習
一般的に良く使用されるPDCA(Plan:プラン→DO:実行→Check:チェック→Action:改善)のサイクルに加え、見て(See)、考えて(Think)、類推する(Wonder)ことで今の課題(=プラン)を再評価しながら学習を進めます。プログラミング教室の課題を取り組む際だけではなく、社会に出て仕事に取り組む際にも役立つ、実用的な考え方です。



カリキュラム・コース紹介

もののしくみ研究室では全コースあわせて3年間で33テーマを学ぶ内容になっています。
授業は月に2回あり(1コマ100分)、基本的に1回の授業につき1つのテーマをクリアします。

1年目(ディベロッパーコース) 12テーマ
プログラミングの基礎やものを動かすための構造について学びます。

2年目(マスターコース) 12テーマ
より複雑なプログラミングを学び、自立型ロボットや2足歩行ロボットの制作に取り組みます。

3年目(イノベーターコース) 9テーマ
変数を使った高度なプログラミングを学び、複雑な動きをできるロボットを製作します。イノベーターコースの最後の3回の授業では、プログラムが複雑なため、2回の授業で1つのテーマをクリアします。

対象学年は小学校2年生から中学校1年生までです。



授業料など紹介

授業料は以下の通りです。

授業料 10,000円/月
教材費 25,000円

新規開講キャンペーン中(2018年4月)により、初月の授業料が0円になります。
また、同じくキャンペーンにより教材費が10,000円割引になります。

キャンペーンや金額についての詳細は教室までお問い合わせください。



電話番号・連絡先

電話番号:047-352-7772
所在地:〒279-0002千葉県浦安市北栄1-11-20 吉田ビル2F



まとめ

もののしくみ研究室 市進学院浦安教室について紹介しました。
身近なものにも、電気で動くものにはソフトウェアの制御が使用されており、それらに興味を持つことからスタートするものづくり研究室。小学生が学習の興味を広げるという点では、とてもなじみやすいのは間違いないことだと思われます。

プログラミング教室のロボットといえば、レゴエデュケーションの使用が一般的ですが、株式会社アーテックが開発したオリジナルのブロック教材を使用している点も大きな特徴です。もののしくみ研究室は、日本で21世紀に求められるスキルの習得のため、学習教材として開発されたプログラムです。

興味ある方は、市進学院浦安教室にお問い合わせください。



各エリアのロボット・プログラミング教室まとめリンク

東京都秋葉原エリアのロボット・プログラミング教室紹介リンク

Tech Kids School 秋葉原校
秋葉原プログラミング教室
スタディPCネット 秋葉原末広町


東京都小岩市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

ロボット化学教育 Crefus 新小岩校

千葉県浦安市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

浦安ラーニングプレイス@絆
CoderDojo 浦安

千葉県市川市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

市川市のロボットプログラミング教室5選
TENTO市川
STAR programing SCHOOL イオン市川妙典教室
ヒューマンアカデミーロボット教室 市川真間
ロボットアカデミー市川教室
CoderDojo市川
アーテックエジソンアカデミー・ロボットプログラミング教室 スタディPCネット市川市役所前

1 2