ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 無料で使えるプログラミング教材!文科省開発の「プログラミン」編

無料で使えるプログラミング教材!文科省開発の「プログラミン」編

プログラミン
2020年より、小学校でプログラミング学習が必修化されます。
それに先駆けて民間のプログラミング教室や地域でのイベントなど、低年齢からプログラミングを学習できる場所が少しずつ提供されるようになってきていますが、まだまだ、「プログラミングを勉強するにはどうしたらいいの?」というご家庭も多いことと思います。

その一つの回答となるのが、文部科学省が作成し、無料で利用できるサイトである「プログラミン」です。

今回の記事では、プログラミンについて徹底解説を行いたいと思います。




1、プログラミンってどんなもの?

プログラミンとは、いったいどんなもの?
どんなふうに活用できるの?
といった疑問についてお答えいたします。



1-1 プログラミンにはどんな特徴があるの?


プログラミンは、文部科学省がScratch(スクラッチ)を参考に開発し、子ども向けに無料で提供をしているプログラミングの学習サイトです。Scratch(スクラッチ)と同じように、文字(コード)を書かなくても、絵を組み合わせるだけでプログラミングを行うことができます。

プログラミングといえば、どうしてもややこしいものに感じられてしまいますが、言い換えれば小さな命令が集まったものです。小さな命令を、一つずつ順番を並び替えたり、組み合わせを変更したりすることで、子どもたちは自分の思ったものを作成できるようになります。

プログラミンは、そういったプログラミングの概念が自発的に楽しみながら学べるように、以下のポイントに工夫して作られています。

・ウェブブラウザがあれば利用できる
プログラミングを学習する際に、費用面がネックだと考えられている保護者の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?
プログラミンはウェブブラウザがあれば、つまり、パソコンやスマートフォンがあれば学習を始めることができます。

※プログラミンを起動するにはFLASHというソフトが別途必要ですが、FLASHは無料でダウンロードできます。

したがって、パソコン(もしくはスマートフォン)とインターネット環境さえあれば、誰でも無料でプログラミング学習をすることができます。

・とにかくわかりやすい
無料でプログラミングを学習できるソフトウェアはScratch(スクラッチ)をはじめ他にもいくつかあります。それらの中で、プログラミンの最大の特徴は何かといえば、わかりやすさではないかと思います。

他のプログラミング教材も、複雑なコードを図や記号でビジュアル化して表現しているという点では同じなのですが、プログラミンの場合はキャラクター化されています。

例えば、作成したキャラクターを右に動かしたいときには「→」の形をしたキャラクター「ミギーン」を使用し、左に動かしたいときには「←」の形をしたキャラクター「ヒダリン」を使用します。他にも右に回す「ミギリクルリン」や色を変える「カメロン」、左右をひっくり返すヨコカエルンなど、どれもなじみやすく、名前や形がそのまま指示内容をイメージできるものばかりです。

・はじめやすい

わかりやすさにも通じるところがありますが、プログラミンは最初の部分で子どもがつまずいてしまわないように工夫されていることがよくわかります。
その工夫の一つが、豊富な見本です。

テキストを読んだり、先生の説明を聞いたりしなくても、豊富な動画のマニュアルを見ているだけで十分にプログラミングを学ぶことができます。また、見本の動画の動きを、自分の好みに編集することも可能で、最初から楽しめるようになっています。

・コンピュータに馴染みがない子どもも楽しめる

プログラミング=楽しいというのは、ほぼすべての子ども向けプログラミング学習に共通することですが、内容が高度になればなるほど、コンピュータや機械の操作が苦手な子どもにとってすこし難しそうに映ってしまう場合があります。

プログラミンはクレヨンで描いたようなポップで親しみやすい画面なので、コンピュータが苦手な子どもにも苦手意識を全く抵抗なくプログラミング学習が始められるでしょう。ポップなキャンバスに、自由に絵を書いて、分かりやすい指示命令で自分の書いた絵を動かしていく、といったプログラミングの中でも最も基本となるアニメーションの部分を学習することができます。



1-2 プログラミンで作った作品例

プログラミンを使うと、プログラミングを学習しながらアニメーションや簡単なゲームを制作することができます。
ここでは、パソコンのスペースキーを押すと信号が変わり猫が横断歩道を渡る、というアニメーションを紹介します。

プログラミン-アニメ

アニメーションの画面はこのようになっています。
プログラミンにアクセスし、右下にある再生ボタンを押してから、スペースキーを押すと、信号が「青」→「黄」→「赤」の順に切り替わり、赤になった瞬間に猫が画面右から左へと移動します。
異動する際には吹き出しが表示され、猫の言葉も表示されます。


公開されている作品は、他の人が作ったものであっても、どのようにプログラミングされているかを見ることができます。
この作品の場合には、上の写真のようにプログラミングが組まれています。

編集もできるので、違う動きを加えたり、背景やキャラクターを変更することも容易です。



2、プログラミンで学習するとどんなメリットがあるの?

プログラミンで学習することによって得られるメリットについて紹介します。



2-1 プログラミング学習の入り口に適している

今、教育改革としてプログラミング学習の重要性が世界的に叫ばれています。日本でも2020年のプログラミング教育必修化をはじめとして、大学の入学試験にプログラミングを含めた情報系の科目が追加されることが検討されているなど、その動きは今後さらに加速していくものと思われます。

プログラミンの特徴で確認したように、プログラミンは初めてプログラミングを学ぶ低学年の子どもにとって非常に親しみやすく作られています。

プログラミング学習を進めていくと、将来、プログラマーやIT関連の職業に就かない場合でも、以下のメリットがあるといわれています。

  • 理系の勉強につながる
  • 積極的、自発的にトライ&エラーを繰り返すことで、問題解決能力、改善力が養われる
  • 論理的思考力が身に着
  • 仲間と競ったり、協力したりすることによってコミュニケーション能力や協調性が身に着く


プログラミンは初心者向けの一面はありますが、スムーズにプログラミングに馴染み、楽しい経験をすることにより、他のプログラミング学習へのステップアップが容易になります。



2-2 文部科学省提供のソフトであること

文部科学省が提供しているサイトであるということは、学校教育や進学試験などの場面でメリットになる可能性があります。

プログラミンを動かすためのソフトであるFLASHが2020年に終了予定となっていることもあり、現在のプログラミンがそのまま小学校でのプログラミング学習として採用されるか否かは何ともいえませんが、なんらかの形で学校教育に関わっていく可能性はあると思います。



2-3 YouTubeで作品を公開できること


プログラミンで作成したアニメーションやゲームのプレイデモ動画をYouTubeで公開できます。無料で利用できることもあり、利用者が多いので、他の子どもが公開した作品を参考にして楽しむこともできます。

プログラミンの指示は基礎的なものがほとんどですが、組み合わせ次第で凝ったものも作れるので、チャレンジ精神を育みます。



3、プログラミンは教育現場でどのように活用されているか?

プログラミンは、実際のところ学校教育の現場でどのように活用されているのでしょうか?
また、今後教材として広く採用されていくのでしょうか?



3-1 プログラミンが2020年必修化の際の教材となるか否かは未定

文部省の発表によると、2020年から始まるプログラミング学習の教科書や教材はまだ確定していません。
2019年に、教科書を選定し、どのプログラミング教材が適しているかを選定するそうです。

教材の選定にあたっては、

  • 各教科との相乗効果が期待されること
  • プログラミング教育に慣れていない先生や初めてプログラミングを学ぶ子どもたちをはじめ、誰にとっても使いやすくわかりやすい教材であること
  • 主体的・対話的で深い学びが実現できる教材であること

などの基準を元に選定される予定となっています。



3-2 愛知県の私立大学での教員免許取得予定者向けプログラミング授業にて

公立の小学校だけでなく私立小学校でもプログラミング学習に向けての動きは進んでいます。
そして、多くの私立小学校でプログラミング授業を実施したことがない先生が多い、という公立小学校と同様の問題が存在します。

愛知県の私立大学では、教員免許取得予定の教育学部学生に対して、プログラミンを使用した授業を行いました。
プログラミングソフトを使用して、実際に教員として子どもたちにプログラミングを指導することができるか否か、どのように教えればよいかを考察するための授業です。
授業の内容は、プログラミンで部屋と掃除機があらかじめ描かれており、学生が部屋を掃除するように掃除機にプログラムをする、というものです。

結果として、28種類用意されているプログラミングの指示が、視覚的でわかりやすく、限られた授業時間の中でも命令の意味を理解したり、数多くの命令を使うことに適していることが実感できたそうです。
また、大学生にとっても、難解なコードよりも視覚的でポップなプログラミンの方がなじみやすく興味をひきやすいものだったということです。

文部省が教材として使用するポイントとして、「誰にとってもわかりやすい」というポイントがありましたので、プログラミンのようなわかりやすさを重視した教材が使用される可能性は非常に高いでしょう。

3-3 つくば市の小学校でのプログラミンを活用した国語の授業

茨城県つくば市の小学校は、すでに積極的にプログラミング学習が行われています。
小学校1年生の国語で、「スイミー」の物語の好きな場面をフローチャートで整理して、アニメーションで再現しよう、という授業が行われました。
スイミーは、国語の教科書に掲載されている、小さな魚たちが大きな魚に食べられてしまわないように知恵を振り絞る、子どもたちに大変人気のある物語です。


教材の作成は、つくば市総合教育研究所。
教員向けの学習チュートリアル動画が、同研究所のホームページに公開されています。

授業では、元々の素材を使用したり、子ども自身で絵を描いたりして、背景である海の世界や大きな魚、小さな魚たちをつくります。
そして、魚に動きを与えて、小さな魚たちが大きな魚を追い払う場面を再現します。

プログラミングをどの教科でどんなふうに教えるかについては、まだ明確になっていませんが、つくば市の小学校の例では国語の子どもたちに最も人気のある物語を使って、とても身近で親しみやすいアニメーション作品を制作することに成功しています。



4、まとめ

文部科学省がScratch(スクラッチ)を参考に開発し、提供している無料プログラミング学習サイトのプログラミンについて紹介しました。

プログラミンは、プログラミングに馴染みのない子ども、そして保護者の方がプログラミングってどんな感じのものかをイメージしていただくために、とても便利で使いやすいサイトではないかと思います。アカウント登録をすれば、データを保存して続きから遊ぶこともできます。

  • プログラミングに興味はあるけどどこから始めればよいかわからないという方
  • Scratch(スクラッチ)やMindcraft(マインドクラフト)を登録してみたけど、何をすればよいか全くわからなかったという方
  • 子どもにプログラミングを学んでほしいけど、機械やコンピュータに苦手意識がある

といった方々に、おすすめの教材です。

文部科学省提供のサイトですので、今後の学校でのプログラミング教育や指導要領についても注目ですね。

プログラミング教室では、子どもへのサポート体制が整っていることもあり、プログラミンよりもScratch(スクラッチ)が積極的に採用されている傾向が見られますが、プログラミンはScratch(スクラッチ)以上に分かりやすい教材なので、特に家庭での学習には適しているかと思います。