ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 話題のプログラミング教材mbot(エムボット)とは?価格や評判をチェック!

話題のプログラミング教材mbot(エムボット)とは?価格や評判をチェック!




話題のプログラミング教材mbot(エムボット)とは?価格や評判をチェック!



名称

mbot(エムボット)





1.プログラミング教材「mbot」とは?


mBotとはMITによって開発されたプログラミングロボットです。
スマートフォンやタブレットと接続してまるでラジコンのように走らせたりと色々なことが出来ます。

今現在プログラミング教育の必要性が加熱しつつある中で、
mbotはその様々な機能がある使い勝手の良さから人気を白しています。

組み立てから言語を使用したプログラミングを行うことまで、mBot一台で様々な学習をすることが出来ます。
組み立ては付属のドライバーで簡単に行え、アプリを使用して容易にコントロールが出来、本格的なプログラミングに最適です。
プログラミングは言語を用いたものもありますが、ブロックを組み立てるというゲームのような形式で行うことも出来、初心者にやさしい設定になっています。
ものづくりも出来、Windowsにも対応しており、応用はには広いロボットです。

mBotのタイプはmBotRangerとmBotUltimateが主たるものです。
前者は3種類のロボットが製作でき、後者は10種類以上のロボットが製作できます。センサを搭載しており、拡張性も豊かです。


mBotはまるでプラモデルを作るような感覚で容易に設計することができますが、プログラミング教育という2020年から小学校で必修化される科目にも応用可能な教材です。子どもたちにも受け入れられ、ますます使用価値が高まっていくでしょう。次はmBotを駆使するとどういう能力が身につくのかについて見ていきます。



2.mbotを使用することで得られる能力

メリットや口コミでの評判を紹介します。

mBotはその敷居の低さから教育において便利な教育用ツールにもなっています。mBotは考える力を子供を中心とした人間に与えることが出来ます。

論理的思考力と創造力を養うことを目的としたプログラミング教育の恰好の教材となっています。

設計と操作の容易さから子供たちにもアクセスしやすい教材になっています。そのため、科学的な素養を若いうちから養うことが出来るようになっています。また、プログラミングを完成させていくプロセスの中で、問題解決能力を子供に身につけさせます。

これからのAIが浸透していく時代に、AIとどのように共存していくかが、人間が生きるための鍵となっています。そのため、若いうちからロボットという未来的な存在に近づけることで、AI時代を乗り越えるという「生きる力」を子供たちに身につけさせることができます。

さらに、AIが浸透する中で、0から1を発想できる人間でなければ生きていけないという未来予測がなされています。多くの仕事がAIによって奪われると言われており、そのような中で「創る力」がなければ、未来の世界を生きていけないとも言われています。

このような時代背景をベースにして、プログラミング教育は必要な科目と言われており、
mBotは打ってつけの教材になっています。このmBotを教材として実際的に活用している教室を覗いてみます。



3.mbotを扱っている教室、または購入方法


さて、mBotを扱っている教室や購入方法について説明します。

まず、mBotを扱っている教室ですが、好例として木更津市にある「アクアプログラミングキッズ」というプログラミング教室があります。

mBotをまるでラジコンカーを作るようなカリキュラムで扱っていき、レースゲームなどを行わせているところが画期的です。

このアクアプログラミングキッズがmBotを活用してプログラミング教育を行っている先進的な教室のようです。

また、mBotの購入方法ですが、一番簡単なのがAmazonでの購入だと思われます。日本正規代理店品として日本語版Makeblockが販売されており、価格は12,754円と高価ではありません。およそ30分で組み立てが出来、センサーも搭載されており本格的です。


4.評判


mBotは概ね好評のようで、親子で購入する方が多いようです。その中から購入者の声を一部拾ってみたいと思います。
「思ったより本格的で長く遊べる」
「ラジコンおもちゃとしても楽しめる」
「プログラミングをゲーム感覚で楽しむことができる」
「こんなおもちゃで遊べる今の子どもが羨ましい」
以上のような大人世代のラジコンが進化したもののように捉えられているようです。親子一緒に組み立てていくことによって親子の絆も深まるでしょう。


5.まとめ


ここまでmBotについて見てきました。プログラミング用のロボットで、敷居の低さから教育にも応用されています。論理的思考力と創造力を子どもたちに身につけさせることが出来、21世紀の世界を生きていくための力を子どもたちに授けることが出来ます。これからmBotを学習用教材として活用していく教室は増えていくでしょう。Amazonでも購入することが出来るため、ご興味のある方は是非ともこの小さなロボットに注目を!

6.プログラミング教室の紹介


各エリアのロボット・プログラミング教室まとめリンク











東京都秋葉原エリアのロボット・プログラミング教室紹介リンク

Tech Kids School 秋葉原校
秋葉原プログラミング教室
LITALICOワンダー 秋葉原教室
スタディPCネット 秋葉原末広町
Life is Tech 秋葉原校

東京都小岩市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

ロボット化学教育 Crefus 新小岩校

千葉県浦安市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

浦安ラーニングプレイス@絆


千葉県市川市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

市川市のロボットプログラミング教室5選
TENTO市川
STAR programing SCHOOL イオン市川妙典教室
ヒューマンアカデミーロボット教室 市川真間
ロボットアカデミー市川教室
CoderDojo市川
アーテックエジソンアカデミー・ロボットプログラミング教室 スタディPCネット市川市役所前

1 2