ブログ

  • Home
  • ブログ
  • 市川市のプログラミング・ロボット教室・TENTO市川の紹介

市川市のプログラミング・ロボット教室・TENTO市川の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



市川市のロボットプログラミング教室5選

市川市のロボットプログラミング教室5選

市川市のプログラミング・ロボット教室(小学生・こども向け)紹介  TENTO市川編

名称

TENTO市川(てんと いちかわ)

理念・特色

・子どものためのIT学習機関 年齢の違う子どもが集まって学習するため、「IT寺子屋」と称しているようです。 特殊技能と捉われがちで、通常であれば大学や専門学校で学ぶものと見なされがちなプログラミングやITリテラシーを子どもたちに学んでもらうことを目的として設立されました。 その理由としては幼少時に身につけてこそ培われる才能があると考えているからだそうです。 身体的にも頭脳的にも柔らかい子どものうちに遊びながら、楽しみながら高等な技術を習得し、それを保持していってほしいという願いを持っています。 また、先行き不透明な現代においては有名大学を卒業するということが一生の保証にはなり得なくなってきています。 そんな時代に個人の「知恵」や「技能」で未来を切り開く能力を育むことを理念としているそうです。

・作る力と発表する力 この教室では、子どもたちが生まれ持ったクリエイティブの才能を発揮しものづくりの喜びを知ってもらうことを目的としているようです。 また、作るだけでなく、それを発表し他の人に楽しんでもらうことに喜びを見いだせるようになることも重要視している模様です。

・寺子屋方式 能力や学年で集団を分けずに、さまざまざ発達段階、学年の子どもたちからなる教室とのことです。 堅苦しい雰囲気とは少し趣の違ったものになりそうですね。

・個別カリキュラム 10個以上のプログラミング言語の中から子どもが自身のスキルや指向によって自分で選択していく方式を採用しています。 また、プログラミング言語だけでなく、ワープロなどの使い方やその他の情報技術やITリテラシーなども学んでいくようです。

・一般のプログラミング言語の習得 「ビスケット」や「スクラッチ」などのいわゆるビジュアルプログラミングと呼ばれる、タイピングが要求されないプログラミングだけではなく、 大人と同じような一般の言語を扱うことを目標としているようです。子どもをきちんと1人のプログラマーとして尊重しようという姿勢が見えます。 もちろん、最初はビジュアルプログラミングを使用し、想像力を発揮することやプログラミングの楽しさを知ってもらうことも重視しているようです。

・タイピングの重視 上記のように子ども1人をプログラマーとして尊重する姿勢からか、タイピングにも力を入れているようです。 最初期からタイピングの練習が始まり、PCを使いこなせるように訓練をしていく方針だそうです。 一般的なプログラミング言語を習得するためには避けて通れない道なので、それを目標としている教室としてはとても理にかなっていると思われます。

営業日/時間

毎週月曜日 17:30~19:00,19:05~20:35

対象年齢

小学3年生〜中学生

指導形式

1講座あたり20人まで 生徒3~5人につき講師1人

コース・カリキュラム紹介

・一般のプログラミング言語 python HTML PHP Ruby JAVA

・教育用プログラミング言語 ビスケット プログラミン Scratch アルゴロジック ドリトル processing

・アプリケーション Minecraft Gimp InkScape

料金紹介

・受講料 入会金:5,000円 月額料金:12,000円

所在地

市川文化会館(JR総武線・都営新宿線 本八幡駅)

まとめ

子ども向けプログラミング教室としては日本初と言っても過言ではない歴史を持っています。 また、学ぶ内容も非常に本格的です。一般的なプログラミング言語を習得することを目的としています。 そしてそのために入会初日からPCを扱えるようになるためのタイピングの練習が始まるとのこと。 そもそも、この子ども向けプログラミング教室の発足は「デザイン型」の人材を作りだすためにはというところが出発点だそうです。 例えばGoogleのラリーペイジやFacebookのマーク・ザッカーバーグ、Appleのスティーブジョブズなどがそのような人材の典型例でしょう。 しかし、このような人材を意図的に育成することは相当難しいものだと考えられていました。 そこで、この教室ではプロ野球選手を例に取り、卓越した人材は子どものころからその分野に触れているという理論のもと、子ども向けプログラミング教室の創出に踏み切ったそうです。 子どものころに少年野球を経験していないプロ野球選手はかなり少数派かもしれませんし、この理論は筋が通っているように思われる方が多いのではないでしょうか。 かといって、そのようなプロフェッショナルな存在を育成することだけが目的ではなく、寺子屋的な形式にも反映されているように学校と家庭に次ぐ、サードプレイスとなりたいという思いも理念として持っているようです。 そして、そんな子どもたちが成長していった将来、自分たちの居場所を自分たちで作ることができるようになってもらいたいという願いをもっています。 また、曜日と時間の選択肢こそ幅があまりないですが、そのぶん受講料は格安です。 目指すところは高いので、努力は必要だとおもいますがそのぶんの見返りは十分期待できそうなプログラミング教室だと思われます。



各エリアのロボット・プログラミング教室まとめリンク

市川市のロボット・プログラミング教室紹介リンク

STAR programing SCHOOL イオン市川妙典教室 ヒューマンアカデミーロボット教室 市川真間 ロボットアカデミー市川教室 CoderDojo市川