ブログ

市川市立中山小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 中山小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は中山小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


中山小学校

住所と地図


千葉県市川市中山1丁目1-5




京成本線京成中山駅から歩いて8分、総武本線下総中山駅から歩いて10分のところにあります。
また、京成本線鬼越駅からも京成中山駅から同等程度の時間がかかります。近くにお寺や神社が多く、ゆったりと静かな雰囲気の立地です。

生徒数


・第1学年
生徒数:110名
クラス数:4

・第2学年
生徒数:85名
クラス数:3

・第3学年
生徒数:88名
クラス数:3

・第4学年
生徒数:103名
クラス数:3

・第5学年
生徒数:105名
クラス数:3

・第6学年
生徒数:96名
クラス数:3

・総生徒数:587名

・総クラス数:19

・平均生徒数/クラス:約31名

総生徒数が少なめの小学校と言えるでしょう。その割には、少し1クラスの人数が多めのようです。
また、一学年の生徒数が80~100名とかなりばらつきがあります。

評判と口コミ


まず、どの口コミを見ても自然が豊かであるということで非常に環境が良いようです。また、礼儀や躾が行き届いており、地域住民とのトラブルもほとんどないようです。地域住民には公開授業なども行っており、お祭りだけではない形での地域連携を見せています。
勉強では、算数と理科に力を入れているようです。特に算数は、クラスを2~3つに分けて少人数制で教えており、補助の教員が付くので焦らずその子に合せた教育が実現できています。教師も熱心な先生が多く、保護者とのコミュニケーションも大事にしてくれます。
イベントでは運動会はやはり大いに盛り上がる様です。また、秋には文化祭のようなものがあり、子どもは当然の事、PTAも出店を出すなど、親子そろってイベントを楽しめるようになっています。
そのほかの特徴としては給食がとても美味しいと評判です。和食が多く、なかなか家庭では作れない献立が出てきます。また、3月には6年生が考えた献立がそのまま給食として出てくるなど、勉強した成果がそのまま役に立つという経験重視の教育姿勢が伺えます。

学区


学区は、以下となります
中山1丁目~4丁目
若宮1丁目、若宮2丁目9~11番
北方1丁目14~27番、北方2丁目11~31番、北方3丁目1~23番
本北方1丁目19~32番、39~45番
鬼越1丁目19~28番
高石神1~33番

学区が広めに設定されていて、いろいろな地域から子どもたちが通っていることがわかります。
中山地区自体の治安が良いため、遠くから徒歩で通うことも少なくありません。

理念や特色


「未来へつなぐ教育を目指して」がテーマとして掲げられています。
学校時代だけでなく将来にわたって勉強を続けていってほしいという学校側の理念があります。
また、学びのスパイラルとして「チャレンジしながら学び合う」⇒「気づき、試し、考えを伝え合う」⇒「認め合い、見つめなおし、考えを深める」という3つのグレードを想定しています。
活動や体験からの気づきとその気付きが導き出す行動したいと思う気持ちを大事にしています。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市中山近辺の情報
地域全体が非常に緑に囲まれています。中山法華経寺があり、そこを中心に寺町が広がっています。
非常に礼儀正しい人が多い土地柄で、子どもたちもそれに影響され、のびのびとしかし礼儀正しく成長していきます。
東山魁夷が晩年まで住んでいた地として有名で、東山魁夷記念館が設置されています。市川市の北部に位置し、すぐ隣が船橋市です。
船橋市には中山競馬場があり、競馬開催日には競馬場へ向かう人で道や参道がにぎわいます。
お寺だけでなく貝塚跡や住居跡などもあり、歴史的に重要な遺跡が数多く残っています。市川市全体が歴史的に、文化や行政の中心地でもありました。

近隣私立小学校情報


日出学園小学校
昭和学院小学校