ブログ

市川市立大柏小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 大柏小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は大柏小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


大柏小学校

住所と地図


千葉県市川市中山1丁目1-5




武蔵野線市川大野駅から歩いて約10分、バス停などもあり遠方からでも通いやすいのが大柏小学校です。周りは住宅と緑で囲まれており、環境はかなり良いです。また、小学校自体が少し丘の上に建てられているので、子どもたちは毎日坂を上って通うことになります。

生徒数


・第1学年
生徒数:106名
クラス数:4

・第2学年
生徒数:134名
クラス数:4

・第3学年
生徒数:123名
クラス数:4

・第4学年
生徒数:122名
クラス数:4

・第5学年
生徒数:109名
クラス数:3

・第6学年
生徒数:108名
クラス数:3

・総生徒数:702名

・総クラス数:22

・平均生徒数/クラス:約32名

人数としてはごくごく一般的な小学校よりも少し大きい小学校と言えるでしょう。
クラス数が22、一クラスあたり平均で32人と多くもなく少なくもなくと言った形になっています。

評判と口コミ


運動場が広く子どもたちは毎日元気いっぱいに走り回っているようです。
期間限定短期募集部活などもあり、多くの子がヒーローになれるチャンスのたくさん転がっている学校のようです。
明るい先生が多く、宿題なども親子で一緒に楽しめる様な課題を出してくれるような学校です。朝も帰りも地域の方々の目が行き届いています。
ボランティアで見回りをしてくれている人もいる様です。小さな高台にあるため、小学校前の坂は保護者やご高齢の祖父母には少々きついようです。
イベントや行事も多く、いろいろな活動があります。親子料理教室は保護者にも非常に人気のようです。

学区


学区は、以下となります
南大野2丁目28~30番、南大野3丁目
大野町2~3丁目、大野町4丁目2154~2524番地、2595~2601番地、 2606~2762番地
2765~2767番地、2790~3238番地
柏井町3丁目105~174番地
大町368~369番地、382~408番地、477~491番地、511~544番地

武蔵野線市川大野駅を中心に広めの学区になっています。
地域住民の学校に対する関心が高く、地域全体が学校教育に対して協力的です。また、梨栽培の盛んな地域でもあります。

理念や特色


「心豊かな子どもの育成」を教育目標に掲げています。「学力・体力」「問題解決」「生きる力」をベースにした豊かさを求めます。「意欲と実践力」「創造性」「思いやりと社会性」といったものを兼ね備える子どもが、大柏小学校の理想の子ども像です。特に主体性に注目し、宿題や体験学習などはこの主体性の伸張を目的にカリキュラムが組まれています。
「MOA美術館児童賞」「アンサンブルコンテスト」「東関東吹奏楽コンクール」「市川市水泳大会東部地区」などで数々の賞をとっています。学力やスポーツだけでなく、多くの分野で活躍する生徒が多いのも特徴です。
すぐ近くに市民図書館や市役所があるため何かあった時に非常に便利です。コミュニティスクールの草分け的存在として学社融合が進んでいます。地域の特色を生かした体験活動が計画的に体験できる環境が整えられています。地域全体が小学校教育に協力的です。
常に「子どもたち」第一で考え、問題が起こったときは個々人の力ではなくチームで解決していく。そういったことを考えられる教職員が多く、目指すべき学校像として掲げています。

入学式情報


・日程
4月上旬(29年度は4月10日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市大野町近辺の情報
市川市北部に位置する、200年以上の歴史のある梨園が有名な地域です。市川霊園や大町自然公園など生活空間に多くの自然が残る地域でもあります。平安時代中期には平将門によって築城された大野城があったという伝承が残ります。成田山新勝寺には行かないとか、裏切った桔梗姫にちなんで桔梗を植えないといった言い伝えが今でも残っており、確証は取れませんが平将門と何かしらの深い縁の地であったことは間違いないようです。
武蔵野線の開通と共に高層マンションが建設されるようになり、新しい住宅地として近年は発展してきています。大柏小学校でも、昔から地元に住む人とサラリーマン家庭で通勤の関係で引っ越してきた人が半々ぐらいになっています。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部