ブログ

市川市立行徳小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは




 

市川市の小学校紹介 行徳小学校





こんにちは。

市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。

このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。

今回は行徳小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称



行徳小学校(ぎょうとくしょうがっこう)

住所と地図



千葉県市川市富浜1丁目−1−40





東西線妙典駅から150メートルほど北に位置しています。

付近は住宅地ですが、学校の敷地周りには防犯や騒音などに配慮し、3メートル超の塀が建てられています。

生徒数


・第1学年

生徒数:154名

クラス数:5



・第2学年

生徒数:153名

クラス数:5



・第3学年

生徒数:170名

クラス数:5



・第4学年

生徒数:172名

クラス数:5



・第5学年

生徒数:206名

クラス数:6



・第6学年

生徒数:147名

クラス数:5



・総生徒数:1059名



・総クラス数:38



・平均生徒数/クラス:約28名



市内で最も生徒数の多い学校です(平成28年時点)。

ただ、1クラスあたりの人数が多くなりすぎることがないよう、きちんと配慮されている様子です。

評判と口コミ


一言で言えば、「つながりの強い学校」という印象。

児童数が多いことから、子どもたち同士のコミュニケーションは盛んな様子。

外国籍の子どもも多く通学しているようで、そうした「言葉の壁」のある児童向けのクラスを特別に設けている点も、高評価でした。

保護者同士の関係性は、地域コミュニティに深く根付いている様子。

そのため、PTAの組織力はなかなか高いようです。

普段の授業は、レベルの高い子も満足でき、低い子が落ちこぼれないよう、配慮されている様子。

ただし、塾に通っているお子さんが多いとのことですので、必然的に授業ペースは早くなるでしょう。

校舎は、最近耐震工事を終えたばかり。通学路は比較的交通量が激しいとのことですが、学校の先生がきちんと配慮してくれているとの声が聞こえました。

安全面では、とても安心できそうです。

最近、校長先生が変わったそうなので、これからどんなふうに変わっていくのかも、注目が集まっています。

学区


学区は、以下となります

本行徳1~38番

末広1丁目

関ヶ島

伊勢宿

妙典3丁目1~15番

本塩

富浜1~3丁目



なお、平成17年の学区再編により、以下の地域は行徳小学校を選択することができるとのことです(市川市ホームページより)。



・妙典4丁目10番~13番

・妙典5丁目 8番~13番

・妙典6丁目 9番~16番



東西線妙典駅周辺約100メートル半径に加え、それに隣接する旧江戸川沿岸が学区となります。

また、選択学区は駅東側、妙典中学校付近の地域です。

特に本行徳については、寺院や史跡がとても多いので、通学中にも歴史を学べそうです。

理念や特色


「わっしょい!」を学校教育目標に、「心も元気、体も元気、頭も元気」のスローガンのもと、学校が運営されています。

さらに、「学びを楽しむ子」、「思いやりの心をもち、共に生きる子」、「自分の体を知り、運動に親しむ子」を目指す生徒像に掲げています。

先生方も「子どもに対する愛情を持つ教職員」、「学び続け、プロとしての力量を持つ教職員」など4つの目標に向かって、日々努力されています。

目指す学校の姿は、「人に感謝することができる学校」、「地域とともに歩む学校」、「教職員が一丸となって子どもの教育に取り組む学校」、「安全できれいな学校」です。

校長先生は、新年度の挨拶にて、子どもたちが「思いやりの心を持ち、安心して友達と楽しく毎日が過ごせるように、自分の体を知り、運動に親しむことができるように、いろいろなことに興味を持ち、学びを楽しむことができるように」努力する、と高らかに宣言しました。

学校行事もとても充実していて、公開授業や秋の大運動会などで、元気な子どもたちの様子を見ることができます。

こうした子どもたちの様子は、行徳小学校ホームページに連動した「学校便り」というブログにて、紹介されています。

入学式情報


・日程

4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き

”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市行徳近辺の情報

江戸時代には「行徳塩田」と呼ばれる塩田があった地域。

現在では、東西線など交通網の発達から、地域性が似通ってきた浦安市と同じカテゴリーに入ることもあります。

ベッドタウンとしての印象の強い行徳地域ですが、寺院がとても多く、また外国人の居住者数が多いことでも知られています。

近隣私立小学校情報


私立国府台女子学院小学部

日出学園小学校

昭和学院小学校