ブログ

市川市立信篤小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは




 

市川市の小学校紹介 信篤小学校




こんにちは。

市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。

このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。

今回は信篤小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称



信篤小学校

住所と地図


千葉県市川市原木2丁目16-1





東西線原木中山駅の南側、徒歩で1キロメートルほどの場所に位置しています。

県立市川特別支援学校がすぐ南側にありますので、近年話題の「インクルーシブ教育システム」に則った新しい教育実践に出会えるかもしれません。

生徒数


・第1学年

生徒数:108名

クラス数:4



・第2学年

生徒数:132名

クラス数:4



・第3学年

生徒数:133名

クラス数:4



・第4学年

生徒数:122名

クラス数:4



・第5学年

生徒数:162名

クラス数:5



・第6学年

生徒数:134名

クラス数:4





・総生徒数:798名



・総クラス数:26



・平均生徒数/クラス:約31名



平均的なクラス編成です。

5年生の人数は少し多いでしょうか。

各学年が4クラス以上あるので、運動会などの学校行事は盛り上がりそうです。

評判と口コミ


一言で言えば、「のびのびとした学校」という評判。



各クラス担任の先生が、一人ひとりの生徒に対してゆとりを持って接しているとのこと。



授業については、きれいな板書や模範的な判読によるていねいな授業が行われていることに加え、レベルやスピードが各クラスでばらつきが出ないよう、しっかりと調整している点が高く評価されています。



また、少人数編成の授業や補習授業も行われているようで、面倒見の良さが評価されています。



学校運営としては「開かれた学校」を目指しており、ホームページなどの整備にも熱心だといいます。



その方針からか、授業参観日は頻繁に設定されているとのことです。

PTAについても、とても活動が活発なようです。

学校行事ごとに、何らかの形でPTAが関わっている点も評価されています。

ただ、PTAの組織化が不本意に行われることはあまりない様子。

保護者の皆さんが積極的にかかわろうとする組織だという声が聞こえているのは、学校の良さの現われの一つでしょう。

学区


田尻918~1028番地

田尻2丁目6~8番、田尻3~4丁目、田尻5丁目5番、7~25番

高谷1~3丁目

高谷1287~2023番地

高谷新町

原木1~2丁目

原木1854~2505番地

上妙典1336~1622番地



県道179号線の南側から江戸川沿岸が学区となります。

やや広めに学区が設定されている点が特徴です。

信篤小が近くにありますが、原木3丁目からは二俣小学校の学区になります。

理念や特色


「夢に向かい、主体的に活動する心豊かな児童の育成」を学校教育目標として、

「美しく」、「かしこく」、「たくましく」の3つのスローガンのもと、教育活動が行われています。

各スローガンについて、「美しく」 については、相手を尊重しながら人とかかわる中で、やさしさをもって豊かな体験をする子どもを育てること、「かしこく」については、 学習や生活の中で、自ら考え、共に学び合い、教え合う子どもを育てること、「たくましく」については、進んで体を鍛え、心身共に困難にも負けない子どもを育てることを目指すと、それぞれ具体的に考えています。



そして、それぞれのスローガンに込められた理念について、具体的な教育活動も設定されています。

例えば、「美しく」については、

・規範意識の醸成と共に考え、深め合う道徳教育の推進、道徳授業の展開



・あいさつ運動の推進



・百人一首の活用



・わくわく農園の教育課程での活用(わくわく農園ボランティアによる支援)



・特別支援学級と通常学級の交流及び共同学習の推進



・ボランティア「なのはな会」による活動支援



といった活動が考えられています。



詳細な学校運営方針について、学校のホームページから閲覧することが可能です。

入学式情報


・日程

4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き

”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市信篤小学校近辺の情報

この「信篤」というのは地名ではないのです。

明治時代、原木・高谷地区に学校が新設されるにあたり、初代校長が論語の「篤信好学 死守善道」(深く信じて、学問を好み、命がけで道をみがく)から言葉をとって、学校の名前にしたのが由来だとか。

学校のある原木地区は、かつて東京エアカーゴシティターミナルがあった、空の貿易の窓口。

成田空港の整備によって現在は解散されていますが、今でもその名残はあります。

住宅地は小学校の北側に集中しています。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部

日出学園小学校

昭和学院小学校