ブログ

市川市立南行徳小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 南行徳小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は南行徳小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


南行徳小学校(みなみぎょうとくしょうがっこう)

住所と地図


千葉県市川市中山1丁目1-5




南行徳駅から北に徒歩1.2キロメートルほどに位置しています。
付近は住宅地で、商業施設のほか図書館もあります。

生徒数


・第1学年
生徒数:128名
クラス数:4

・第2学年
生徒数:129名
クラス数:4

・第3学年
生徒数:102名
クラス数:3

・第4学年
生徒数:121名
クラス数:4

・第5学年
生徒数:111名
クラス数:3

・第6学年
生徒数:103名
クラス数:3

・総生徒数:694名

・総クラス数:21

・平均生徒数/クラス:約33名

生徒数も多すぎず、少なすぎず、程よい人数です。
クラス編成も平均的です。

評判と口コミ


のびのびした雰囲気が、とても評判のようです。

先生は明るく個性的な方が多く、イベントの時などは先生方の出し物で変な被り物をして児童達を盛り上げたり、素敵な合唱を聞かせてくれたりするそう。

児童のために頑張ってくれている様子は、高評価です。

授業では、基礎学力の定着に重点を置いている様子が評価されています。

また、毎朝、朝学習の時間が設けられていたり、学校独自の「家庭学習カード」が活用されていたりなど、学習習慣の確立にも気を配られているとの声が聞こえました。

算数の授業において、レベル別の少人数授業が行われている点に、保護者は安心している様子です。

郊外活動は、体験を重視したものが多いそう。

高学年になると、千葉の郷土料理である「巻きずし」作りや、十二単の体験などができるそうです。

運動会は春に開催。秋の音楽祭と合わせて、とても盛り上がっている様子。


PTAの活動については、公平性が高く、また負担も少ないそう。

年に2~3回、何らかの役割分担を任されることがある程度だというお話です。

保護者の皆さんで協力しながら、不平等にならないように気を付けて分担しているそうです。

伝統がある校舎ながら、耐震工事は完璧。

校庭が広いこと、また遊具なども一通りそろえてあることから、保護者の満足度は高い様子です。

学区


学区は、以下となります
相之川1~3丁目、
欠真間1丁目、欠真間2丁目1~3番、5番、16~23番
香取1~2丁目

東西線と旧江戸川の間の地域で、南行徳公園から東に500メートル先までの長方形の地域一帯が学区です。
香取地区に住んでいるお子さんは、少し通いづらいかもしれません。

理念や特色


「感動 夢 挑戦」を教育目標に、「思いやりのある子ども 進んで学ぶ子ども 健康でたくましい子ども」のスローガンを掲げ、学校を運営しています。

美しい日本語の使い手の育成を目指しており、「挨拶運動」の実施や、読書活動の充実を促す取り組みがされています。

また、教育相談の充実もしっかり図られているほか、授業参観で道徳授業を積極的に公開するなど、学校をあげた道徳教育の推進が行われています。

さらに、学習面では、「独り立ちできる学力」の育成を目指すという目標のもと、基礎的・基本的事項の定着を図る取り組みと同時に、特に近年話題の「PISA(OECDによる国際的な学習到達度に関する調査)」にフォーカスした学力の育成に、力を入れています。

また、「ヘルシースクール」を推進したり、「ロング昼休み」を実施して外遊びを促したりなど、健康や体力づくりに関しても具体的な教育活動が行われている様子。

近年注目される、携帯電話・スマホの使い方についても、学校でしっかり安全指導を行っています。

明治時代からの伝統を持つ学校で、その歴史は100年を越えます。

受け継がれてきた古き良き教育のエッセンスも、感じることができるかもしれません。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市欠真間地区近辺の情報

学校周辺の地区名は、昭和50年前後の合併・再編によってかなり入り組んでいます。

学校周辺の住所は、「欠真間(かけまま)」。

真間地区周辺の土が、江戸時代よりよく台風などでこの土地に流れ着いたためだと言われています。

付近にはマンションなども見られますが、賃貸の家賃相場などは、それほど高くないようです。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校