ブログ

市川市立宮久保小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 宮久保小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は宮久保小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


宮久保小学校

住所と地図


千葉県市川市宮久保5-7-1




JR船橋法典駅から西に徒歩2.7キロメートル、あるいは京成線鬼越駅から北東に徒歩2.5キロメートルの地点に学校があります。
子どもが歩いて行ける場所に駅がないので、安心して外遊びをさせることができそう。
付近は住宅地なので、路線バス等は整備されていると思われます。

生徒数


・第1学年
生徒数:107名
クラス数:4

・第2学年
生徒数:114名
クラス数:4

・第3学年
生徒数:114名
クラス数:4

・第4学年
生徒数:130名
クラス数:4

・第5学年
生徒数:130名
クラス数:4

・第6学年
生徒数:101名
クラス数:3

・総生徒数:696名
・総クラス数:23

・平均生徒数/クラス:約30名


クラス編成は平均的です。
第一学年、第三学年はクラス人数がやや少なくなるので、一人ひとりに寄り添った教育に期待できそうです。

評判と口コミ


先生、児童、保護者のお互いの距離がとても近いことが、良い評判を呼んでいます。

班活動を多く取り入れたり、発表の場を多く設けたりと、新しい授業をする先生が多いそう。

子どもが地域住民にインタビューをしに行く、という授業が行われたこともあるそうです。

座学の授業では、少人数のクラスを設けているため、よく面倒を見てくれていてうれしい、との声が聞こえています。テストは一度で終わらせず何度も取り組ませて、学力を身につけさせると同時に達成感を覚えさせるようにしているそうで、子どもたちは一生懸命勉強しているそうです。

課外活動もとても盛んです。

宿泊行事や遠足はもちろん、ラグビー選手を招いてのラグビー体験教室や、落語家を招いての講演会なども行われているというお話を聞きました。

保護者の方々も、PTAの活動に熱心に取り組まれているそう。

負担が多いという声を受け、今年度から専門委員の数を減じるなど対策が取られたそうです。

伝統ある校舎ながら、セキュリティも耐震もバッチリ。

給食に魚や地産の果物が出されていることも、とても好評だとのことでした。

学区


学区は、以下となります
宮久保3~6丁目
北方町4丁目1432番地、1437番地の3~1444番地、1452~1455番地
下貝塚1~3丁目
大野町1丁目1~21番地、 33番地の2・3・7・13

学校周辺の半径300メートルに加え、大野町の一部と北方町の一部が学区です。
北方小学校、大野小学校と学区を接しているほか、学校から西に1.4キロメートル先には私立昭和学院小学校があります。
様々な学校の生徒と触れ合うことができる環境は、子どもたちの成長の刺激になるでしょう。

理念や特色


「知・徳・体の調和のとれた人間の育成」を教育目標に掲げ、

「心身ともに健康でたくましく」、「豊かな情操を持ち、相手を思いやり」、「自分で考え正しく判断し、他の者と協力し行動できる児童の育成を図る」の3つのスローガンを掲げています。


今教えている子どもたちが直面する、50年後の社会環境を客観的に分析したうえで、新しい教育を進んで取り入れています。

また、教育に対するしっかりした哲学が、学校全体で共有されているそうです。

学校経営方針の中で、人の成長について、「全ての鍵は自己肯定感」と断言しています。

「自分はこれでいいんだ」という気持ちを一人ひとりの「子どもたちが持てるように、「肯定のシャワー」を子どもたちに浴びせよう、と考えています。

また、先生同士も「学び合い、認め合い、高めあう」よう、主幹教諭らから若手の先生への愛ある指導が、日々行われているようです。

ホームページにリンク付けされている、「宮小ニュース」というブログにて、こうした宮久保小学校の教育実践の一部が紹介されています。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市宮久保近辺の情報

元々は、「宮窪」とよばれ、宮がある窪地だったそうです。

明治時代から「宮久保」の字に代わり、現在まで続いています。

付近は自然にあふれた土地ですが、著名な文学者や小説家の生家があることでも知られています。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校