ブログ

市川市立福栄小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 福栄小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は福栄小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


福栄小学校

住所と地図


千葉県市川市南行徳2-2-1




東京メトロ東西線・南行徳駅から、東に約850メートルの位置にあります。

付近は住宅地で、大型のマンションなども見られる都会的な環境です。

近くに福栄中学校があるので、先輩の様子などからもよい刺激を得られそうです。

生徒数


・第1学年
生徒数:51名
クラス数:2

・第2学年
生徒数:57名
クラス数:2

・第3学年
生徒数:45名
クラス数:2

・第4学年
生徒数:50名
クラス数:2

・第5学年
生徒数:40名
クラス数:2

・第6学年
生徒数:38名
クラス数:2

特別支援学級 なし

・総生徒数:281

・総クラス数:12

・平均生徒数/クラス:約23名


平均よりやや少なめのクラス編成と言えます。
小規模校ならではの教育に期待できそうです。

評判と口コミ


小規模校ならではの教育が、とても評判のようです。


駅近くの好立地ながら、小規模な編成の学校のため、一人ひとりに寄り添った指導など、小規模校ならではの教育が見られるそう。

子どもたちも一生懸命勉強に励めそうです。

また、課外活動や学校行事もさかんな様子。

人数の少なさから、PTAの役割が回ってくるスピードが「早い」と、保護者の声も。

ただ、運動会など学校行事には保護者が活躍できるシーンも用意されているとのことで、子どもと一緒に楽しむ時間を得られるかもしれません。


東京メトロ東西線の駅の近くということもあり、お子さんを通わせる保護者の多くが、他県や他市から引っ越しされてきた方だそうです。

駅に近い校舎ながら、設備がしっかりしている点についても、高評価でした。

学区


学区は、以下となります
南行徳2丁目2番1号
福栄1丁目、福栄3丁目

学校からやや離れた、東西線東側沿線が学区です。
学校周辺は、隣接する富美浜小学校の学区になるようです。
学区の近くには行徳駅前公園があり、子どもの遊び場として活用できそうです。

理念や特色


「活力ある 心豊かな子どもの育成」を教育目標に、「しっかり考える子ども」、「思いやりのある子ども」、「健康でたくましい子ども」をスローガンとして、学校を運営しています。

校長先生によれば、このスローガンにした理由として、まず、「しっかりと考えることで思考力、判断力が身に付き、記憶の定着につながると考えました。そして、自分の人生を自分らしく生き抜いていくためには、自分の頭でしっかりと考えていくことが不可欠であると考えたからです」と話しています。また、「学校では考える授業を中心に行います。しかし、考えることを重視すると、どうしても反復練習の時間が十分に取れなくなることがあります。そこで必要になるのが家庭学習です。漢字練習や計算練習など学習の定着に必要な学習をどうぞお願いいたします」と話し、家庭学習の充実についても考えています。

「社会福祉コミュニティの形成に努めている地区社会福祉協議会と学校が連携することにより、福祉活動の展開が地域ぐるみで行えるようにする」ことと、「推進校間の連携を図るとともに、子どもの発達段階に応じた福祉活動の実践を効果的に進める」というねらいから、福栄小学校は、平成22年度から3年間、千葉県福祉教育推進校の指定を受けました。

さらに、平成29年度からは教育委員会の指定を受け、福栄中学校ブロック(福栄小、南新浜小、福栄中学校)として、コミュニティースクールとなりました。

これに合わせて、福栄小学校にもコミュニティーサポート委員会が設けられ、学校、PTAをはじめ、自治会、コミュニティクラブ、子ども会、施設開放団体などとの連携や意見交換が図られているところです。

こうした福栄小学校の普段の様子は、ウェブページ「市川市立福栄小学校のニュース」で垣間見ることができます。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市福栄近辺の情報

江戸時代に塩田として栄えたこの地域。

塩田が古くなり、製塩の中心が沖方面に移動していくと、新しく住居地として使えるようになったこの土地は、縁起を担いで「福栄」と名付けられました。

「幸」地区や「宝」地区と同じ経緯です。

現在は住宅地となり、マンションなども多くたっています。

一帯には公園も整備されているほか、国によって保護されている「宮内庁新浜鴨場」などもあり、自然体験的な学習ができる環境が整っています。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校