ブログ

市川市立妙典小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは




 

市川市の小学校紹介 妙典小学校





こんにちは。

市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。

このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。

今回は妙典小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称



妙典小学校

住所と地図


千葉県市川市妙典2-14-2





妙典駅から北東に約750メートルの位置にあります。



江戸川沿いということもあり、付近は見晴らしの良い環境です。



なお、河川沿岸は新型のスーパー堤防で護岸されているので安心です。

生徒数


・第1学年

生徒数:134名

クラス数:4



・第2学年

生徒数:127名

クラス数:4



・第3学年

生徒数:128名

クラス数:4



・第4学年

生徒数:101

クラス数:3



・第5学年

生徒数:106名

クラス数:3



・第6学年

生徒数:102名

クラス数:3



特別支援学級

生徒数:3名

クラス数:1



・総生徒数:701名



・総クラス数:22



・平均生徒数/クラス:約32名





平均よりやや多めのクラス編成です。



人気の学校とのことで、今後も生徒の増加が予想されます。

評判と口コミ


新しい設計思想の校舎が、とても評判のようです。





1999年に新設された学校。



開校当初から、バリアフリーとユニバーサルデザインの思想のもとに校舎が造られました。



エレベーターが完備され、教室と廊下の境目には壁がなく(低学年教室には壁が設置されました)、外に面した教室の窓も広くとられています。



保護者の中には、わざわざお子さんをここに通わせるために、該当学区に住まいを決めた方もいるようです。



先生の指導方針は「体験に根差した授業」と「学習習慣の確立」重視のようす。



近くの江戸川まで出かけて行く、実地型の授業も多く行われているそうです。



もちろん、基礎基本はわかるまで指導してくれるとのこと。



子どもたちも一生懸命勉強に励めそうです。



また、課外活動や学校行事もさかんな様子。



「妙典プレスタ」という学校祭では学年ごとに出展が行われ、とても盛り上がるそう。



そのほか、春に運動会、秋に合唱イベントがあります。



4年生は「グリーンスクール」という宿泊学習、5年生は「ホワイトスクール」というスキー合宿があり、特に後者については、スキー初心者が児童の多くを占める学校ながらも、とても楽しんでいる様子だとのことです。



PTAの活動も盛んで、基本的に保護者全員に何らかの役割が与えられるとのこと。



様々な場面で、保護者の皆さんで協力しながら不平等にならないように気を付けて分担している様子です。





地域柄、転入生が多い環境にある学校ですが、暖かい雰囲気で、すぐクラスになじめるという点についても、高評価でした。

学区


学区は、以下となります

下新宿

河原

妙典1~2丁目、妙典3丁目16~25番、妙典4丁目1番~9番

妙典5丁目1番~7番、妙典6丁目1番~8番



東京メトロ東西線・妙典駅北側の三角州地帯が、学区です。

一帯は古くからのお寺が多く、散策するだけで歴史の勉強になりそうな通学路です。

理念や特色


「心豊かに 考えぬく子の育成」を教育目標に、「伝え合い」、「支えあい」、「分かち合い」をスローガンとして学校を運営しています。



学習面では、「考えぬく子」を目指す子ども像として、基礎基本の確実な定着と、それらを活用する力の育成のため、指導時数のバランスの良い確保はもちろん、ユニバーサルデザインの考え方を導入した授業や「チームによる授業」による、個に応じた指導の充実を図っています。また、主体的に学ぶ子を育成すべく、「アクティブ・ラーニング」の積極的導入はもちろん、学校図書館の積極的活用やICT機器の導入による先進的授業を行っていきます。さらに、こうした学習の基礎になる基本的生活習慣・学習習慣の確立のため、独自教材「妙典スタンダード」を活用していきます。





道徳教育の面では、「思いやりのある子」を目指す子ども像として、「あったかはあと」の理念に基づく豊かな人間関係作りを推進し、また「考え、議論する道徳」を先取りして実践します。そのため、OSD(Office for Students Disabilities = 生涯学習支援室)との連携も積極的に行っていきます。また、安全で清潔な環境を維持し、さらに完成を刺激する環境を作ることで、「うるおいのある」学校環境を維持していきます。





体育面では、「じょうぶな子」を目指す子ども像として、十分な運動量の確保による体育科指導の充実に加え、「朝の運動」の時間の設定やロング昼休みでの運動の奨励により、運動の日常化を図ります。さらに、「ヘルシースクール」の推進を図りつつ、加えて養護教諭や学校栄養職員との連携による健康教育・食育の推進を図り、望ましい生活習慣を育成していきます。そのほか、家庭や地域との連携による交通安全・防災体制を構築し、安全・防災教育を充実させていきます。





平成29年度年から市川市の「学力向上推進校」に指定されている、妙典小学校。



学校の普段の様子は、ホームページから垣間見ることができます。

入学式情報


・日程

4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き

”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市妙典近辺の情報



戦国時代、千葉氏の家臣だった篠田雅楽助清久がこの地を治め、彼の保護によって日蓮宗の高僧が招かれました。



僧が唱えた経典が「妙なる」教典だったことから、この地が妙典と名付けられたそうです。



ちなみにこの時代の「妙なる」という言葉の意味は現代の「奇妙」というニュアンスとは少し違い、現代語で言うなれば「絶妙」という意味合いが強いです。



つまりは「言葉で言い表せないほど素晴らしい」という意味ですね。



現在も、妙好寺など、その時代から続く寺が数多くあります。



そのほか、江戸時代に建立された妙典春日神社など、歴史ある建物が多い地域です。



最近では賃貸アパート・マンションが多く並び、様々な地域から引っ越してくる方が多くいる地域でもあります。