ブログ

市川市立塩浜学園の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 塩浜学園




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は塩浜学園です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


塩浜学園

住所と地図


千葉県市川市塩浜4-6-1




JR京葉線・南行徳駅から西に約1キロメートルの位置にあります。

東京メトロ東西線・南行徳駅からはおよそ1.9キロメートルです。

一帯は自然にあふれ、教育には理想的な環境です。

近くを通る湾岸高速がちょうど地上に降りてくるポイントなため、自動車の走行音などは多少気になるかもしれません。


学校は名実ともに小中一貫の「義務教育学校」ですが、実際には校舎が前期(小1~小6程度)と後期(中1~中3程度)と別れています。

実際に学校に通わせている保護者の方は、「フェンスを越えれば別の学校です」と話していました。 

生徒数


(前期課程のみ)
・第1学年
生徒数:29名
クラス数:1

・第2学年
生徒数:27名
クラス数:1

・第3学年
生徒数:18名
クラス数:1

・第4学年
生徒数:22名
クラス数:1

・第5学年
生徒数:24名
クラス数:1

・第6学年
生徒数:35名
クラス数:1

特別支援学級 なし

・総生徒数:155名

・総クラス数:6

・平均生徒数/クラス:約26名


平均よりやや少なめのクラス編成です。

小規模校ならではの、異年齢集団との密な交流に期待できそうです。

評判と口コミ


教師と児童の仲が良いことが、とても評判のようです。


授業では、基礎学力を身につけることが重視されています。

勉強に関すること以外でも、先生方はとても親身に児童の相談に乗ってくれるそうです。

また、課外活動や学校行事もさかんな様子。

地域で活動するイベントなどもあるそうで、住民との交流も多い様子です。

また、保護者が参加するイベントも定期的に行われており、とある保護者は「子どもを預けている立場からしても、安心できる環境だ」と話していました。

PTAの活動は、特に負担があるなどと言う話はありません。

そもそも生徒数の少ない小規模校ですので、PTAの活動自体が、担任の先生と保護者の方との日常のコミュニケーションの延長で捉えられている様子です。

日常的な学校生活について、校長先生も相談に乗ってくれるという点についても、高評価でした。

学区


【前期課程】
塩浜3~4丁目

【後期課程】
塩浜2~4丁目
南行徳3~4丁目


前期課程は、浦安市との境目に走る水路沿いに、福江スポーツテニスコート、野鳥の楽園付近までが学区です。

市川塩浜駅近辺に住んでいるお子さんは、学校が少しだけ遠く感じるかもしれません。

理念や特色


「ふるさとを愛し、自ら夢を持ち、心豊かで、たくましく生きる児童・生徒の育成」を教育目標に、「人とつながる 未来へつながる」をスローガンとして学校を運営しています。


平成27年度に「塩浜小学校」と「塩浜中学校」が合併して、「塩浜学園」となったこの学校。

現在は、南行徳3・4丁目をいわゆる「学区」として運営しています。

目指す生徒像として、漢字で一文字ずつ、「智」、「徳」、「体」を掲げています。

「智」は、「知恵を磨きよく考える子」を、「徳」は、「他と協調し、相手を思いやる子」、「体」は、「体を鍛え、たくましく生きる子」を表しています。

こうした子どもを育てるべく、教職員にも、「心身ともに健康である教職員」、「子どもたちを慈しみ受容的に接する教職員」、「協力し合い、建設的な教育活動を実践する教職員」と、理想を高く設けています。

目指す学校像は、「一人一人の子どもを大切にする学校」、「教職員が協力し合い、教育活動に邁進する学校」、「保護者・地域から信頼される学校」です。


平成28年度、「体力つくり・望ましい生活リズムの確立・食に関する指導の充実」について、市川市「ヘルシースクール」推進校に指定された、塩浜学園。

市川市唯一の義務教育学校(小中一貫校)として、平成29年4月の学校運営協議会では、学識経験者地域関係者、他校の校長らを招いて、保護者代表とともに活発な意見交換がなされました。

学園の普段の様子は、ウェブページ「Blog 望潮(シオマネキ)」で垣間見ることができます。

平成29年度年から市川市の「学力向上推進校」に指定されている、妙典小学校。

学校の普段の様子は、ホームページから垣間見ることができます。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き
〇平成27年4月に、小中一貫校「塩浜学園」が開校しました。本年度、次年度の入学に関しての通学範囲や、指定学校変更の手続きについては、以下のとおりです。なお、塩浜学園につきましては、「義務教育学校」とすることを現段階で検討しております。


【 通学できる範囲について】

(1) 前期1年生~4年生、中期5・6年生(小学校1年生~6年生)については、中学校の通学区域である南行徳3・4丁目を、『小中一貫校を選択できる地域』といたします。

(2)小中学校とも、指定学校の変更可能範囲を緩和し、行徳支所管内(江戸川放水路まで)からの通学も可能といたします。なお、受け入れの上限を設定するとともに、通学経路の安全確認を行います。

(3)後期7年生~9年生(中学校1年生~3年生)では、自転車通学について学校が承認することになりました。具体的には学区外で、学校までの距離が概ね2㎞以上であり、「自転車通学の約束」を遵守すること等が条件となります。

【 手続き方法 】

1 一貫校を選択できる地域の方(対象:南行徳3・4丁目在住の小学校 新1年生)

[1]申請用紙「小中一貫校への入学希望票(指定学校変更申請)」を11月下旬頃に送付いたしますので、希望票を義務教育課に提出してください(郵送も可)。12月18日までに受け付けた申請については、「塩浜学園」への入学通知書を発送いたします。

[2]12月18日以降に受け付けた申請については、当初は富美浜小学校への入学通知書が届きますが、後日、改めて「塩浜学園」への入学通知書を発送いたします。その際、前送の入学通知書は無効となりますのでご承知おきください。

※9月以後11月までに市外から転入された方には、12月初旬に希望票を送付いたします。なお、ご連絡いただければ、随時送付いたします。

2 指定学校変更を希望する方(対象:行徳支所管内在住の小・中学校 新1年生)

[1]平成28年1月5日から指定学校変更の申請を受け付けます。

[2]申請方法

・通常の指定学校変更と同様に申請をしていただきます。その際に、通学経路についてご記入いただきます。

・平成27年12月の学校説明会会場でも、仮申請していただくことができます。

・通学経路等について審査をし、必要に応じて面接を行います。

・指定学校変更が承認された場合には、「塩浜学園」への入学通知を送付いたします。

3 在学生の転校について(対象:行徳支所管内在住の小学生・中学生)

現在、行徳支所管内在住の児童生徒で、小中一貫校への転校をお考えの場合には、義務教育課にご相談ください。現在の在籍校、塩浜小・中学校との協議のうえ、可能な範囲で受け入れをいたします。

地域情報


・市川市塩浜近辺の情報


江戸時代の行徳塩田での製塩業に由来した地名とのこと。

現在では住宅地として整備されつつあるほか、インターネット通販サイト「Amazon」の日本支社の本社屋がこの地域にあります。

今後の人口増加が予想される地域です。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校