ブログ

市川市立稲越小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは




 

市川市の小学校紹介 稲越小学校




こんにちは。

市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。

このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。

今回は稲越小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称



稲越小学校

住所と地図


千葉県市川市稲越町518-2





北総鉄道北国分駅から南東に約2キロメートルの位置にあります。



付近は古くからの住宅街で、戸建ての住宅の多い静かな環境です。



100メートルほど先に県立国分高校があるので、子どもたちもよい刺激を得られそうです。

生徒数


・第1学年

生徒数:38名

クラス数:2



・第2学年

生徒数:31名

クラス数:1



・第3学年

生徒数:26名

クラス数:1



・第4学年

生徒数:31名

クラス数:1



・第5学年

生徒数:28名

クラス数:1



・第6学年

生徒数:25名

クラス数:1



特別支援学級 なし



・総生徒数:179名



・総クラス数:7



・平均生徒数/クラス:約26名





平均よりやや少なめのクラス編成です。



ただし、2学年と4学年は31名を超えるクラス編成になっていますね。



今後、人口が増えれば2クラス編成になっていくかもしれません。

評判と口コミ


小規模校ならではの良さが、とても評判のようです。



入学式は2年生から6年生全員で迎え入れ、卒業式は1年生から5年生に見送られる式になるそうです。



お子さんを稲越小学校から卒業させた保護者は、「自分が子供だったら、こんな小学校行きたかったな」と語っています。



異年齢集団の交流がしやすいため、学年が違っていても顔と名前が一致するというような、縦のつながりが子ども・保護者間にできている様子です。

学区


学区は、以下となります



曽谷8丁目

東国分3丁目

稲越町



稲越町全域と、それに隣接する地区の一部が学区です。



凡そ半径600メートル圏内ですので通学が大変になることはないかと思われますが、稲越町北端にお住いのお子さんは少しだけ通いにくいかもしれません。

理念や特色


「つながりのある 学校文化の構築を目指して」を教育目標に、「知恵と ねばりと 思いやりのある 子ども」を育てるべく、学校を運営しています。



「知恵」は確かな学力、「ねばり」は健やかな体、「思いやり」は豊かな心を指しています。



小規模校の特性を十分に生かした学校、保護者や地域との連携・協力を図っていく学校を目指しており、そのため、異年齢集団「ぽかぽかグループ」の活動を活発化させ、また支援学校との交流や連携を積極的に推進しています。



こうした目標を達成すべく、教職員らも、「生徒指導の機能を重視したわかる授業を展開する教師」、「子どもを愛し,誰からも信頼される教職員」、「人間性豊かで,幅広い教養と使命感・倫理観・専門性を高める教職員」、「自己を磨き,心身ともに健康で,明朗快活な教職員」といった目標を設定し、日々研鑽に励んでいます。



平成28年度からの重点目標は、「豊かな心を育む活動」、「確かな学力の向上」、「健やかな体の育成」、「信頼される学校づくり」の4点です。



とくに「たしかな学力の向上」では、教育のユニバーサルデザインを導入して、基礎基本の確実な定着に努めることを宣言しています。さらに、「健やかな体の育成」のために、市川市ヘルシースクールプランにのっとり、包括的な健康教育を推進していきます。





昭和56年に曽谷小学校から分離してできた、稲越小学校。



平成17年度からはピア・サポート・プログラムの実践を導入するなど先進的な教育を取り入れ、平成23年には文科省が定めたユネスコスクールの認定校として、ESD(Education for Sustainable Development = 持続発展教育)の研究において表彰を受けています。





こうした稲越小学校の普段の様子は、学校のホームページ内に掲載されている学校だより「ひばり」にて垣間見ることができます。

入学式情報


・日程

4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き

”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市稲越町近辺の情報



明治2年に稲越村として生まれた地域です。



市川市内では数少ない、住所表示(番地)のない地域です。



町域内には県立国分高校のほか、千葉商科大学のグラウンドなどもあります。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部

日出学園小学校

昭和学院小学校