ブログ

市川市立南新浜小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 南新浜小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は南新浜小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


南新浜小学校(みなみにいはましょうがっこう)

住所と地図


千葉県市川市新浜1-26-1




行徳駅から南東に徒歩1.1キロメートルの地点にあります。

通学路には一部歩道のない箇所もありますが、住宅街ながら比較的見通しが良い道路のため、安全面ではそれほど心配がなさそうです。

生徒数


・第1学年
生徒数:101名
クラス数:3

・第2学年
生徒数:116名
クラス数:4

・第3学年
生徒数:110名
クラス数:4

・第4学年
生徒数:97名
クラス数:3

・第5学年
生徒数:99名
クラス数:3

・第6学年
生徒数:94名
クラス数:3

特別支援学級 なし

・総生徒数:617名

・総クラス数:20

・平均生徒数/クラス:約31名


平均より少し多めのクラス人数になっています。

クラス人数が多いので、子どもたちはすぐに友だちがつくれそうですね。

評判と口コミ


先生方がとてもフレンドリーな点で、評判のようです。


担任の先生はみな、子ども一人ひとりに親身に対応してくれるそう。

授業では、プロジェクタを活用した授業なども行われており、特に図工や音楽などの実技系科目において、工夫がみられるとの声が聞こえています。子どもたちも楽しんで勉強しているそうです。

もちろん、イベントもとても充実しています。

運動会、学校祭、遠足などの一般的な行事や、高学年の宿泊行事、1年生を迎える会、6年生を送る会など独自のイベントもあり、「行事のない月はないほどだった」ととある保護者は語っていました。

特に運動会、文化祭は、児童・先生のみならず、PTAや地域住民を巻き込んでの大イベントになるそうで、毎年とても盛り上がっている様子。

一方、PTAの活動は、保護者同士でお互いに配慮し合いながら行っているそう。

共働きのご家庭の保護者が、活動に参加しないことで不利益を被るようなことはあまりない様子です。

校舎は、幹線道路などから離れた奥まった住宅街にあるため、防犯面では不安はなさそう。

ただ、一学年は毎日集団登下校になっているほか、付近で事件などが起こった際は全校生を集団登下校にするなど、状況に応じて学校も安全面に配慮している様子があり、高評価でした。

学区


学区は、以下となります


福栄2丁目、福栄4丁目14~31番

新浜1~3丁目

入船

日之出

千鳥町

塩浜1~2丁目

行徳駅前4丁目23~28番


行徳駅前から県立行徳高校付近までの広い地域のうち、新浜小の学区を除いたハート形の地域が学区になります。

JR市川塩浜駅周辺の埋め立て地部分を含めるとかなりの広範囲になるので、その塩浜地区など、住所によっては通学が大変なお子さんもいるかもしれません。

学区内にはNPO法人行徳野鳥観察舎友の会が活動する人口緑地、「野鳥の楽園」もあり、休日には自然に触れて学ぶ機会も多く得られそうです。

理念や特色


「豊かな感性と確かな学力を持ち、人として社会に役立ち、たくましく生きる子どもの育成」を教育目標とし、目指す生徒像として「すすんで学ぶ子」、「心豊かな子」、「じょうぶな子」の3つのスローガンのもと、学校を運営しています。

具体的には、担任だけでなく、教員だけでもない、教職員みんなでチームを組んで育む意識を持った、全職員で子どもを育む学校を目指し、社会の変化に柔軟に対応できる弾力性のある学校として、地域住民の声に耳を傾け、学力の向上に努める学校を目指しており、青色防犯パトロールの実施やゲストティチャーの活用による、地域一体となった教育体制を作っていきます。また、校内研究をはじめ、道徳教育・特別支援教育をはじめとする各種研修や、様々な教科での授業研究を活発に行って、子どもの学力の向上に努め、教室環境、掲示物、清掃を徹底して安心・安全な環境づくりをめざし、子どもの感性を育むことをねらいます。

学習面では、独自に設定した「まなびくらぶ」や「まなびタイム」の更なる活用・充実を図り、基礎基本の日常的な学習を促していきます。さらに、少人数指導の実施や家庭学習の習慣化によって、知識の確実な定着を図っていきます。

道徳教育の面では、きまりを守ることを意識化できるよう促し、またあいさつ指導を充実させるほか、異年齢集団、地域、異校種との交流の機会をもち、心の成長を図ります。さらに、道徳教育推進教師を中心とした道徳教育の充実を図ることはもちろん、キャリア教育を充実させていきます。

体育面では、独自に設定した「みなみタイム」を活用した指導のほか、委員会活動などを通して食に関する理解を深めさせ、また環境衛生の充実を図ります。さらに、体育の授業を中心として、投力・持久力の向上を図り、体作り運動の推進を図ることで、千葉県の「運動能力証」の取得率を高め、また「遊友スポーツランキングちば」へも積極的にチャレンジさせていきます。

そのほか、信頼される開かれた学校づくりのため、コミュニティサポートを充実させるほか、コミュニティスクールの充実により地域一体型の教育を推進し、さらにオープンスクールの積極的な実施により日常的な学校開放を地域にアピールしていきます。


昭和55年に富美浜小学校より分離して成立した、南新浜小学校。

間もなく、創設40年の節目を迎えます。

これに合わせた改修工事や新設備の導入も進んでいるため、これからの学校に期待です。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)
・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市新浜地区近辺の情報

江戸時代には「行徳塩田」と呼ばれる塩田があった地域。

「宮内庁新浜鴨場」など、新浜三丁目の区画は全て国有地となっており、その自然が保護されています。

付近は大型マンションの多い住宅街ですが、駅からは程よく離れているため、治安が心配される、いわゆる「繁華街」の影響を受けることはない様子。

「青葉少年スポーツ広場」など、スポーツ施設も充実している地域です。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校