ブログ

市川市立大町小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 大町小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は大町小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


大町(おおまち)小学校

住所と地図


千葉県市川市大町84-10



直線距離では、北総線松飛台駅から南に500メートルほど。
しかし第一団地の西側と学校が森でへだたれているため、ここをさらに600メートルほど迂回した先に学校の入り口があります。

生徒数


・第1学年
生徒数:16名
クラス数:1

・第2学年
生徒数:13名
クラス数:1

・第3学年
生徒数:20名
クラス数:1

・第4学年
生徒数:22名
クラス数:1

・第5学年
生徒数:22名
クラス数:1

・第6学年
生徒数:16名
クラス数:1

特別支援学級 なし

・総生徒数:109名
・総クラス数:6
・平均生徒数/クラス:約18名

とてもゆとりのあるクラス編成です。
クラス数も少ないので、子どもたちはのびのびと過ごせそうです。
また、異年齢集団との交流にもたくさんの良い刺激を得られそうです。

評判と口コミ


下級生と上級生の仲が良いのが、とても評判のようです。
学習面では、一年生のうちから英語の授業があるほか、4年生からの書道は専門の先生がつくという、なかなかハイレベルな指導。
郊外活動は歩き遠足のほか、2学年合同での運動会、秋の収穫祭など、充実している様子。
学校の設備については、駅に近い学校なのに自然が豊かだ、という喜びの声も聞こえました。
子どもたちものびのびと成長してくれそうです。

学区


学区は、以下となります

大町1~367番地、370~381番地、409~476番地、492~510番地、545~602番地
大野町4丁目2525~2594番地、2602~2605番地、2763~2764番地、2768~2789番地

北総線・松飛台駅南側から、JR市川大野駅より東に300メートル離れた半径約500メートルの円周内が学区のようです。
学区内にはテニスコートや動植物園などの施設が充実しています。

理念や特色


「『自ら学ぶ子、豊かな心を持つ子、健やかな体の子』の育成」を教育目標とし、「よく考える子」、「思いやりのある子」、「元気いっぱいの子」の育成を目指しています。

そのため、教職員の姿にも「心身共に健康な教職員」、「子どもを受け入れ、子どもと共に歩む教職員」、「子どもと共に遊び、ふれあい、児童理解に努める教職員」、「子どもと共に考え、学ぶ喜びを味わえる授業づくりに努める教職員」、「細やかな配慮のできる教職員」といった理想像を掲げ、日々これに近づくべく努力しています。

具体的には、「子どもたちが学校に来ることが大好きな学校」、「一人一人の良さを活かし、心に残る教育活動を展開する学校」、「いじめのない学校」、「困難に負けない子どもたちのいる学校」を実現し、
一人一人を大切にする学校づくりを目指すとともに、「基礎的・基本的な学力の向上と基本的学習習慣の定着を図る学校」、「生き生きとした学び合いや学ぶ喜びを育てる授業づくりに励む学校」、「気持ちの良い挨拶の交わされる学校」、「体力の向上と基本的生活習慣の定着を図る学校」を実現し、
知・徳・体のバランスのとれた子どもを育成する学校づくりを目指すなど、経営の基本方針を掲げています。

学校教育目標の達成に向けて、大町小学校ならではの豊かな自然と小規模校の特色を生かして、地域社会と連携していくことが、経営の重点方針です。

学習面では、個に応じたきめ細かな指導を推進するとともに、指導方法の工夫・改善に努めるほか、言語活動を推進し、コミュニケーション能力の向上を図り、また家庭学習の定着と充実を図るなど、確かな学力を育むための教育実践を日々心がけています。

学校で独自に取り組んでいる「チャレンジタイム」の充実のほか、「わんぱく農園」、「腕白の森」の活用により、生活科・総合的な学習の時間の授業での深い学びを目指しています。

道徳教育の面では、一人一人の良さを認め、励まし合う、いじめのない学級づくりに努めることはもちろん、
縦割り活動や異学年交流により、子どもが相互に協力したり尊重したりする心を養うこと、栽培活動などの体験活動を意図的・計画的に進めること、読書指導・読書活動の充実を図ることを心がけ、豊かな心を育むことを目指しています。
福祉活動の充実を図りながら、一人一人の良さや持ち味を活かした学校行事の設定も心がけています。

体育面では、体育の授業の充実とあわせ、日々の運動実践を通して体力の向上に努め、また望ましい生活習慣を身につけさせることで、健康な生活を送る子どもを育てるよう取り組んでいます。
さらに、安全教育の推進と点検活動の徹底により、事故防止を図り、危険予知能力・危険回避能力を育てることも、目標として掲げています。

そのほか、学校の設備の整備と充実を図り、空き教室の有効活用なども日々検討しています。

こうした学校での普段の子どもたちの様子は、ホームページにリンクされている「大町小ニュース」にて垣間見ることができます。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。
届かないときは義務教育課までご連絡ください。私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。
また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市大町近辺の情報
市川市最北端の地区です。
中心を走る国道464号線は、梨の果樹園がとても多いことから、2003年に公募により「大町梨街道」という愛称がつけられました。
この道には、大町梨業組合が地方紙や各農園を通じ、地域の小学校などにアナウンスして募った案から、「大町りこ」というイメージキャラクターが起用されています。イラストは、金髪のかわいらしい女の子でした。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校