ブログ

市川市立北方小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは




 

市川市の小学校紹介 北方小学校

<


こんにちは。

市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。

このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。

今回は北方小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称



北方(きたかた)小学校

住所と地図


千葉県市川市北方町4-1356-1



京成線鬼越駅から北東に徒歩約1.8キロメートルの位置にあります。

私立市川学園高校が隣接しているため、子どもたちもよい刺激を受けそうです。

生徒数


・第1学年

生徒数:28名

クラス数:1

・第2学年

生徒数:38名

クラス数:2

・第3学年

生徒数:41名

クラス数:2

・第4学年

生徒数:32名

クラス数:1

・第5学年

生徒数:34名

クラス数:1

・第6学年

生徒数:47名

クラス数:2

特別支援学級

生徒数:20名

クラス数:3



・総生徒数:240名

・総クラス数:12

・平均生徒数/クラス:約20名

ゆとりのあるクラス編成です。

ただし、4年生や5年生は30人を超えるクラス編成になっているなど、学年によってその様子は違います。

クラスの人数が少ないことから、子ども一人ひとりに寄り添った指導に期待できそうな学校です。

評判と口コミ


先生の目が行き届いているようすが、とても評判のようです。

学校に赴任している先生は若い方が多く、活気にあふれているそう。

休み時間などには、生徒と一緒に遊ぶ先生の様子がよく見られるそうです。

授業でも、先生の目と指導は全ての生徒にいきわたっている様子。

習熟度に差が生じがちな算数で、少人数制の授業も実施し、子どもの理解力に応じたフォローアップを図っている様子は、とても高評価でした。

もちろん、イベントも盛んです。

運動会や合従発表会のほか、北方小学校独自のイベント、「北方体験フェスティバル」はとても評判の様子。

体育館を広く使った段ボール迷路や、各教室での展示などから、子どもたちの活発な様子を垣間見ることができたそうです。

PTAの活動は、強制ではないそうです。

参加できない保護者も多くいることから、参加できる保護者でできる範囲の活動を行っているとのこと。

毎朝の登校見守り役は、当番制になっているようですので、安心とのこと。

現在、耐震工事中のようです。きれいになって生まれ変わる校舎に期待です。

学区


学区は、以下となります

八幡6丁目25~26番、31~35番

東菅野4~5丁目

本北方1丁目5~9番、33番~38番、同46~50番、本北方2丁目

北方町4丁目1197~1207番地、1330~1431番地、1479~1563番地、2310~2337番地

2339~2340番地、2344~2355番地

学校周辺約3~400メートル半径が学区です。

本北方1丁目に住んでいるお子さんは、少しだけ学校まで遠くなるかもしれません。

若宮小学校、宮久保小学校と学区が隣接しています。

理念や特色


「健康な心と身体を育み進んで学ぶ子ども」を教育目標とし、「かしこく」、「やさしく」、「たくましく」をスローガンに学校を運営しています。

また、合言葉に「きたかた小学校」を頭文字にとった「きみがいて たのしく遊び かたりあい たのしく学ぶ 小学校」を掲げています。