ブログ

市川市立幸小学校の紹介

イトグチジュニアの説明はこちらから

イトグチジュニアとは



 

市川市の小学校紹介 幸小学校




こんにちは。
市川市の英語・プログラミング教室のイトグチジュニアです。
このシリーズでは、市川市の小学校を紹介致します。
今回は幸小学校です。(いずれもH29年5月1日現在の数字となります)

名称


幸(さいわい)小学校

住所と地図


千葉県市川市幸1-11-1



市川漁港に面した、海ぎわの小学校です。
最寄り駅は東京メトロ東西線妙典駅で、駅からは徒歩で南東に約1.7キロメートルとなります。
付近は住宅地で、学校そばの工場も環境と景観に配慮された作りになっています。

生徒数


・第1学年
生徒数:118名
クラス数:4

・第2学年
生徒数:99名
クラス数:3

・第3学年
生徒数:116名
クラス数:4

・第4学年
生徒数:90名
クラス数:3

・第5学年
生徒数:85名
クラス数:3

・第6学年
生徒数:89名
クラス数:3

特別支援学級 なし

・総生徒数:597名
・総クラス数:20
・平均生徒数/クラス:約30名

平均的なクラス編成です。
クラス数も多すぎず少なすぎず、程よい数に収まっています。

評判と口コミ


のびのびとした雰囲気が、とても評判のようです。

学校には、ベテランの先生が多く在籍しているそう。

授業では、理解の追いついていない子どもにもていねいなフォローがされているとの声が聞こえています。放課後の補習なども充実しているそうです。

宿題も、決して子どもに強く強制することなく、分量にも配慮がなされているとのお話でした。

学校行事や課外活動も、運動会、幸まつり、遠足、校内音楽会、オープンスクールに加え、4年生からの宿泊行事など、充実している様子。
地域を散策する「町探検」というイベントもあるようです。

PTAの活動は、当番制・ノルマ制です。

保護者の皆さんで協力しながら、不平等にならないように気を付けて分担している様子です。

プールは学校の屋上に用意されているとのことで、水泳の授業は子どもたちも楽しみにしているようです。

連絡網が電子メールになっているなど、「新しい学校」としての整備が進められている点も、高評価でした。

学区


学区は、以下となります

加藤新田
高浜町
宝1~2丁目、幸1~2丁目
末広2丁目

市川塩焼郵便局より南西の約400メートル四方が学区です。
湾岸道路付近の埋め立て地も学区にはなっています。
末広2丁目に住んでいるお子さんが一番学校から離れていることになりますが、通学にはさほど支障がなさそう。
新浜小、塩焼小などと学区を接しています。

理念や特色


「豊かな心を持ち、自ら学び たくましく生きる子どもの育成」を教育目標とし、学校を運営しています。

目指す子ども像として、「よく考え進んで学び合う子」、「心豊かで思いやりのある子」、「心身ともにたくましい子」の3点を掲げています。
このような子どもたちが育つ学校として、「自ら考え、主体的に学習する子どもを育てる学校」、「心豊かに、心身ともにたくましい子どもを育てる学校」、「保護者や地域の人々が連携し、信頼される学校」を目指しています。

学校運営のテーマは、「子どもが満足する学校」、「保護者が安心する学校」、「地域が誇りに思う学校」、「教職員が働き甲斐を感じる学校」です。
始業式で校長先生と子どもたちが交わした「『あいうえお』の5つの約束」は、「挨拶をする」の「あ」、「一生懸命勉強する」の「い」、「運動する」の「う」、「笑顔で過ごす」の「え」、「お話をしっかりと聞く」の「お」です。

昨年度、「体力つくり・望ましい生活リズムの確立」についての実践で、市川市「ヘルシースクール」推進校に指定された、幸小学校。
学校での子どもたちの様子は、ウェブページ「幸NEWS」で垣間見ることができます。
さらに、「幸小からのお知らせ」のページでは授業参観の予定などをオンラインで確認することができます。

入学式情報


・日程
4月上旬(28年度は4月8日実施)

・手続き
”入学する前年の12月末から1月初旬までに入学通知書をお送りいたします。
届かないときは義務教育課までご連絡ください。
私立(国立)小中学校へ進学される場合は、その学校の入学承諾書または入学許可書を教育委員会義務教育課へご提出ください(郵送可)。
また、指定された学校の変更をご希望する特別な事情のある場合は、教育委員会義務教育課までご相談ください。”

地域情報


・市川市幸近辺の情報
もともとは、ほとんど海だったこの土地。
江戸時代には塩田として開発されましたが、塩田は時代が下ると水田や畑に代わり、また人も住むようになりました。
その際、特にこの地域には、縁起のいい言葉を選んで「幸」や「宝」といった地名がつけられたそうです。
現代になって、湾岸道路が造られてからは物流の要となり、東京湾にせり出すように埋立地が広げられました。
海沿いには金属工業や有機溶剤の工場がありますが、「宮内庁新浜鴨場」や「野鳥の楽園」という自然保護区が近くにあるため、環境には十分に配慮されている様子です。

近隣私立小学校情報


国府台女子学院小学部
日出学園小学校
昭和学院小学校